共有と共有済みドライブを非表示にする方法

WebDrive NextGen の初期設定では、Googleドライブ上の <共有アイテム>「共有」フォルダとして、<共有ドライブ>「共有済みドライブ」フォルダとして、ルートディレクトリ内に表示しています。

本ページでは、「共有」と「共有済みドライブ」の 2つのフォルダを非表示にする方法をご案内します。

“共有と共有済みドライブを非表示にする方法” の続きを読む

サーバーホストキーの検証

SFTPサーバーへの接続時に、「サーバーホストキーの検証」というメッセージが表示される場合があります。
サーバーホストキーの検証

このメッセージはエラーではありません。
サーバーから提供されるホストキーを受け入れるかを確認していますので、[受け入れる] をクリックしてください。

今後、このメッセージを表示させたくない場合は、切断後に以下の操作を実施してください。

“サーバーホストキーの検証” の続きを読む

パスフレーズなしの秘密鍵について

WebDrive NextGen では、秘密鍵のパスフレーズ (ホストキーパスワード) がない ホストキー (キーペア) を作成できます。
また、パスフレーズなしのホストキーを設定することも可能です。

ただし、パスフレーズなしでの運用は、セキュリティリスクが高いため推奨していません。
SFTPサーバーを安全に利用するために、英数字が混在した 12桁以上のパスフレーズを設定することを強く推奨します。

Dropbox 内で削除したファイルについて

WebDrive NextGen では、Dropbox 内のファイルを WebDrive NextGen を介して削除した場合、ファイルの完全削除ではなく、Dropbox 上の「削除したファイル」に移動されます。

ただし、エクスプローラ上 (WebDrive NextGen) では「削除したファイル」は表示されません。
削除したファイルの確認や復元は、ブラウザ上での操作が必要となります。

  • WebDrive NextGen 1.1.9 (正式版) 以降が対象となります。
  • エクスプローラ上に「削除したファイル」を表示する方法はありません。
  • API の仕様変更により、予告なしに変更される可能性があります。

Googleドライブ内で削除したファイルについて

WebDrive NextGen では、Googleドライブ内のファイルを WebDrive NextGen を介して削除した場合、ファイルの完全削除ではなく、Googleドライブ上のゴミ箱に移動されます。

ただし、エクスプローラ上 (WebDrive NextGen) ではゴミ箱は表示されません。
削除したファイルの確認や復元は、ブラウザ上での操作が必要となります。

  • WebDrive NextGen 1.1.9 (正式版) 以降が対象となります。
  • エクスプローラ上にゴミ箱を表示する方法はありません。
  • API の仕様変更により、予告なしに変更される可能性があります。