WebDAV のタイムスタンプについて

タイムスタンプとは、更新日時や作成日時の情報のことです。
WebDrive のタイムスタンプは、OSや接続先サーバーの情報を参照しており、アプリケーション側で管理しているわけではございません。

タイムスタンプは、「オリジナルのファイルのタイムスタンプ」を利用するケースと、「アップロード時点のタイムスタンプ」を利用するケースがあります。

オリジナルファイルとは、アップロード前のローカルドライブ内のファイルのことです。
タイムスタンプは、ファイルのプロパティでご確認いただけます。

アップロード時点のタイムスタンプは、サーバー内にファイルが書き込まれた段階の、サーバー側の情報を使用しています。

WebDrive はリクエストをヘッダ情報に含めるだけとなり、どのタイムスタンプを使用するかは、最終的にはサーバー側で判断されます。
本ページでは、WebDrive のタイムスタンプに関連する設定についてご案内します。

“WebDAV のタイムスタンプについて” の続きを読む

キャッシュの削除と更新方法

WebDrive では、接続先サーバー内のファイルやディレクトリの情報を、キャッシュとして取得し、キャッシュ内で編集された情報をサーバーに返しています。
WebDrive が古いキャッシュを見ている場合、サーバー内の最新の情報を取得せずに、古い情報のファイルやディレクトリが表示されます。
「最新のファイルやフォルダが表示されない」「サーバー内のファイルやフォルダが見えない」 などの問題の多くは、WebDrive の古いキャッシュが原因です。
本ページでは、WebDrive のキャッシュの削除と更新方法についてご案内します。

“キャッシュの削除と更新方法” の続きを読む

公開鍵のみでの接続について

WebDrive で SFTPサーバーに接続するためには、秘密鍵と公開鍵の両方が必要となります。
片方だけでは SFTP サーバーに接続することはできません。

また、秘密鍵には、パスフレーズが必須となります。
パスフレーズなしでファイルをインポートすることはできません。