ファイルをロックしているユーザー名を表示する

ロックされている状態の Microsoft Office ファイルを、WebDrive NextGen で開く際に「別のユーザーによってロックされています。」と表示され、ファイルをロックしているユーザー名が表示されない場合があります。

この問題は Microsoft Office と WebDrive の間で、ユーザー名が正常に渡されていない場合に発生します。
ご利用環境によっては、以下の設定で問題を回避できる場合があります。

“ファイルをロックしているユーザー名を表示する” の続きを読む

DAV ロックの利用方法

WebDrive NextGen は、WebDAV の排他制御機能 DAV ロックに対応しています。

DAV ロックを利用するためには、接続先(ホスト)とクライアントの両方で DAV ロックが有効となっている必要があります。
本ページでは、WebDrive NextGen で必要となる設定をご案内いたします。

“DAV ロックの利用方法” の続きを読む

EPSV を使用して接続する方法

EPSV での接続が必要となる場合、本ページに記載されている手順を実施することで、FTP 接続のパッシブモードを変更できます。

EPASV と PASV は異なります。本設定は、EPSV での接続が指定された環境以外では不要です。

一般的なパッシブモード(PASV)は、接続設定の [FTP 設定][パッシブモードを有効にする] で利用できます。

“EPSV を使用して接続する方法” の続きを読む

WebDAV サーバーでリネームが失敗する

本ページでは、WebDAV サーバーでリネームだけが失敗する問題について、原因と対処方法をご案内します。

この問題は主に、ユーザーが権限を保有していない場合に発生します。
まずは、ユーザーのリネーム権限について、サーバー管理者にご確認ください。

ユーザーがリネーム権限を保有しており、サーバーへの接続やディレクトリリストの取得が成功する場合、接続しているプロトコルをご確認ください。

HTTP による安全ではない WebDAV 接続をご利用の場合、リネームなどの特定の操作が失敗する場合があります。

以下の手順に沿って、安全な HTTPS プロトコルに変更してください。

“WebDAV サーバーでリネームが失敗する” の続きを読む

コマンドタイムアウト設定について

WebDrive 2019 では接続設定に「コマンドタイムアウト」という設定項目がありましたが、本設定は WebDrive NextGen の設定画面には表示されていません。

アップデートにより WebDrive 2019 から設定が変更されている場合は、元の設定値が継承され、新規作成した接続先では 60 秒に設定されます。

タイムアウトまでの待機時間は、ホスト側の設定値が優先されるため、ほとんどの環境では、クライアント側での設定を必要としません。

クライアント側の待機時間を変更する必要がある場合、以下の手順で変更可能です。

“コマンドタイムアウト設定について” の続きを読む

OneDrive や SharePoint のログイン認証の有効期限について

WebDrive NextGen では、OneDrive や SharePoint Online のログイン情報を保持して、各ストレージサービスの保存領域に接続できますが、一定期間が経過すると、ログイン認証を再度実施する必要があります。

これは、クラウドサービスの API による仕様となり、設定による有効期限の変更や、再認証要求を回避する方法はありません。(2022年 1月時点)

OneDrive や SharePoint Online で下図のようなメッセージが表示された場合、以下の手順でログイン認証を実行してください。
認証期限

“OneDrive や SharePoint のログイン認証の有効期限について” の続きを読む

「管理者の承認が必要」というメッセージが表示される場合について

WebDrive NextGen で、SharePoint Online および OneDrive for Business を登録する際、ご利用環境によっては、Microsoft アカウントでの認証時に「管理者の承認が必要」というメッセージ (下図) が表示される場合があります。

“「管理者の承認が必要」というメッセージが表示される場合について” の続きを読む