Amazon Cloud Drive について

Amazon によるサードパーティー製のクライアントソフトのサポートの終了に伴い、WebDrive 2019 ビルド 5337 から、Amazon Cloud Drive のクラウドコネクタを削除しました。

これ以降、Amazon Cloud Drive 用のサイトプロファイルは、新規作成画面に表示されません。

TLSの脆弱性について

暗号化プロトコル TLS 1.0/1.1 の脆弱性に伴い、サーバー側で TLS 1.2 以外を無効にする対応が進んでおります。
上記のようなサーバーへの接続時に、WebDrive で SSL および TLS1.0/1.1 が有効となっている場合、不正アクセスと判断されてブロック対象となる可能性がございます。

本ページでは、WebDrive で TLS 1.0/1.1 を無効化する方法をご案内します。

“TLSの脆弱性について” の続きを読む

ルートディレクトリの設定

ルートディレクトリとは、サーバーに接続した際、ユーザーがアクセス可能なトップディレクトリ(最上位にあるフォルダ)のことです。
通常、サーバー側にてユーザアカウントごとにルートディレクトリが設定されています。

ホームディレクトリとは異なり、上位のディレクトリに移動できません。

WebDrive では、SFTP, FTP, FTPS のプロトコルで、ルートディレクトリを設定できます。
設定を適用することで、エクスプローラ上では、WebDrive がマッピングしたドライブのルートディレクトリとして扱われます。

ただし、サーバーで定められたアクセス権限を越えることはできません。
サーバーで設定されているルートディレクトリより下位のディレクトリが対象となります。

本ページでは、WebDrive で、ルートディレクトリを設定する方法をご案内します。

“ルートディレクトリの設定” の続きを読む

ホームディレクトリの変更方法

ホームディレクトリとは、WebDrive でサーバーに接続した際、最初にエクスプローラ上で表示される(開く)フォルダのことです。
チームフォルダを利用されている場合、最もアクセスするフォルダをホームディレクトリとして設定しておくと便利です。

本ページでは、WebDrive で、ホームディレクトリを設定する方法をご案内します。

“ホームディレクトリの変更方法” の続きを読む