ルートディレクトリの設定

ルートディレクトリとは、サーバーに接続した際、ユーザーがアクセス可能なトップディレクトリ(最上位にあるフォルダ)のことです。
通常、サーバー側にてユーザアカウントごとにルートディレクトリが設定されています。

ホームディレクトリとは異なり、上位のディレクトリに移動できません。

WebDrive では、SFTP, FTP, FTPS のプロトコルで、ルートディレクトリを設定できます。
設定を適用することで、エクスプローラ上では、WebDrive がマッピングしたドライブのルートディレクトリとして扱われます。

ただし、サーバーで定められたアクセス権限を越えることはできません。
サーバーで設定されているルートディレクトリより下位のディレクトリが対象となります。

本ページでは、WebDrive で、ルートディレクトリを設定する方法をご案内します。

“ルートディレクトリの設定” の続きを読む