購入前に無料で試せますか?

WebDrive に興味があります。
動作確認を行いたいのですが購入前に無料で試せますか?
はい、10日間無料でフル機能をお試しいただけます。
実際の操作を録画した以下の動画をご参照ください。

WebDrive の操作デモ

接続先のファイルがダブルクリックで開きません

接続先のファイルがダブルクリックで開きません。
右クリックでアプリケーションを指定して開くことはできます。
原因と対策を教えてください。
ファイルパスが Windows OS の制限 260 文字を超過している場合に発生します。
他にもファイル名の変更なども行えません。

この問題を解決するには、以下のいずれかをお試しください。

“接続先のファイルがダブルクリックで開きません” の続きを読む

SFTP サーバーに転送したファイルが 0KB になってしまいます

SFTP サーバーに転送したファイルが 0KB になってしまいます。
何が原因ですか?
一部の古い SFTP サーバーで発生することを確認しています。
SFTP バージョン 4 が適切にサポートされていない場合にこのような現象が発生します。
サーバーをアップデートいただく事を推奨いたします。

サーバーをアップデートできない場合、以下の方法をお試しください。

“SFTP サーバーに転送したファイルが 0KB になってしまいます” の続きを読む

サービス設定を有効化していると切断ができません

サービス設定を有効化して WebDrive を使用していると切断ができません。
不具合ですか?
いいえ、正常です。
サービスがドライブを使用できるようにした場合、UI による操作を受け付けません。

本記事では、サービス設定を無効化して切断する方法をご案内します。

“サービス設定を有効化していると切断ができません” の続きを読む

ファイル転送をスケジュール実行する方法 (ファイル転送の自動化)

スケジュールに沿ってファイルを自動でサーバー転送できますか?
はい、WebDrive ではファイル転送マネージャというジョブ機能を搭載しています。
この機能を活用してファイル転送を自動化できます。

本記事ではファイル転送マネージャを使用した自動転送手順についてご案内します。
「転送」ではなく「同期」させる方法については別途ご案内いたします。

“ファイル転送をスケジュール実行する方法 (ファイル転送の自動化)” の続きを読む

PuTTY の脆弱性 (CVE-2024-31497) による影響

PuTTY に ECDSA 秘密鍵の脆弱性 (CVE-2024-31497) が発見されましたが、WebDrive に関係ありますか?
WebDrive で作成した秘密鍵 (ホストキー) をご利用であれば影響はありません。
修正前の PuTTY を含むソフトウェアで作成した秘密鍵をご利用の場合は、キーペア (秘密鍵と公開鍵) の速やかな交換を推奨いたします。

秘密鍵と公開鍵を交換するまでの流れを以下にご案内します。

“PuTTY の脆弱性 (CVE-2024-31497) による影響” の続きを読む

SharePoint Online のデスクトップアプリとして使えますか

WebDrive は SharePoint Online のデスクトップアプリとして使えますか?
はい、WebDrive は SharePoint Online および OneDrive でファイル編集が行えます。

Office ファイルのアップロードやダウンロードはもちろん、ストレージ内のドキュメントファイルを開いて編集・保存も可能です。

本ページ上部にあるメニューの「無料で試す」から、WebDrive の無料試用版のダウンロードページに移動できます。

試用版と製品版で機能面に違いはありませんので、試用版をインストールいただいた後、下記リンク先の手順に沿って、実際の操作性をお試しください。

(参考:SharePoint Online への接続方法, OneDrive Business への接続方法)