保存先フォルダ設定の変更方法

本ページでは、WebDrive が使用するフォルダの変更方法についてご案内します。

ログファイルの保存先

【操作手順】

  1. WebDrive を開いて 設定 をクリックします。
  2. ログ設定に移動して、「ファイルに接続情報をログ出力する」にチェックを入れます。
  3. ログファイル保存先フォルダに目的のフォルダのパスを入力します。ログフォルダ
  4. [OK] をクリックして設定画面を閉じます。

SSL/TLS証明書の保存先

【操作手順】

  1. WebDrive を開いて 設定 をクリックします。
  2. セキュリティに移動して、「証明書保存先フォルダ」の 参照ボタン をクリックして目的のフォルダを指定します。
    セキュリティ設定
  3. [OK] をクリックして設定画面を閉じます。

SSHホストキーの保存先

【操作手順】

  1. WebDrive を開いて 設定 をクリックします。
  2. セキュリティに移動して、「ホストキーフォルダ」の 参照ボタン をクリックして目的のフォルダを指定します。
    セキュリティ設定
  3. [OK] をクリックして設定画面を閉じます。

キャッシュファイルの保存先

【操作手順】

  1. WebDrive を開いて 設定 をクリックします。
  2. キャッシュ設定に移動して、「キャッシュフォルダの場所」の 参照ボタン をクリックして目的のフォルダを指定します。
    キャッシュフォルダの指定
  3. [OK] をクリックして設定画面を閉じます。

アクティベーション手順

本ページでは、WebDrive のアクティベーション(ライセンス認証)手順をご案内します。

【操作手順】

  1. ショートカット または、タスクトレイ上のアイコンから WebDrive の管理画面を起動します。
  2. [ヘルプ] をクリックして、[アクティベーション] をクリックします。
  3. [再アクティベーション] をクリックします。
    再アクティベーション
  4. アクティベーションウィザードが表示されるので、新しいシリアル番号を入力して、[アクティブ] をクリックします。
    アクティベーション
  5. アクティベーション完了のダイアログで [OK] をクリックします。
    その後、アクティベーションウィザードで [完了] をクリックします。