アクティベーションボタンがクリックできません

新しいシリアル番号でのアクティベーション時に、アクティベーションのボタンがグレイアウトしてクリックできない場合、インストールされている WebDrive のバージョンが古いことが原因です。
保守失効後のバージョンアップについて の手順2以降を実施して、最新版のインストーラーにてライセンスを再認証してください。

“アクティベーションボタンがクリックできません” の続きを読む

テレワークでのご利用について

本ページでは、WebDrive のエディションによる、テレワーク(在宅勤務)運用の可否について、ライセンス規約の観点でご案内いたします。
各エディションの使用制限の詳細については、各エディションの違いについて をご確認ください。

シングルライセンス

複数の端末でのご利用は許可されておりません。
1ユーザー(自然人) 1PC(CPU)でのみご利用いただけます。
オフィスと自宅の両方でご利用いただくには、PC 台数分のライセンスをご購入ください。

10・25・50・100・250・500 ライセンスパック

ライセンスを購入した法人から支給されている端末であれば、制限された台数を超えない限り、オフィスと自宅の両方でご利用いただけます。

個人所有端末でのご利用の場合、ライセンスを購入した法人は、ライセンスを使用する全ての端末を管理下に置く必要があります。
また、ライセンスを購入した法人から指示された業務での利用に限定されます。

在宅勤務の廃止や、プロジェクトの終了時、退職や契約終了時などの場合、ライセンス管理者の責任において、「アクティベーションの解除」または、「WebDrive のアンインストール」を確認する必要があります。

エンタープライズライセンス

ライセンスを購入した法人から支給されている端末でのみ、台数制限や作業場所を問わずご利用いただけます。

個人所有端末でのご利用は原則として認められておりませんが、ライセンスを購入した法人が、ライセンスを使用する全ての端末を管理下に置く場合に限り許可されます。
ただし、ライセンスを購入した法人から指示された業務での利用に限定されます。

在宅勤務の廃止や、プロジェクトの終了時、退職や契約終了時などの場合、ライセンス管理者の責任において、「アクティベーションの解除」または、「WebDrive のアンインストール」を確認する必要があります。

  • WebDrive のライセンスは、お客様資産となります。お客様責任の下、管理をお願いします。
  • 不正利用が発覚した場合、直ちにライセンスを停止させていただきます。
    また、法的処置および追加請求をさせていただきます。

脆弱性 CVE-2020-0601 による影響について

Windows CryptoAPI のなりすましの脆弱性「CVE-2020-0601」について、WebDrive への直接的な影響はございません。

ただし、OSレベルでのセキュリティリスクとなりますため、Windows OS を最新の状態に更新いただくことを、強く推奨いたします。

本件に限らず、セキュリティリスクへの対策として、OS およびソフトウェアは、常に最新の状態に更新いただくことを推奨いたします。

Office ファイルが正常保存されない事例について

一部環境で Microsoft Office の [参照] を使用して、同じディレクトリ(フォルダ)内にファイルを保存すると、正常保存できない事例がございます。

この問題は、[名前を付けて保存] をクリック後、ファイル名を入力し、そのまま保存することで回避できます。
通常、Office アプリケーションは、現在開いているファイルと同じディレクトリ内を保存先として指定しているため、[参照] を使用しなくても同じ場所に保存いただけます。

本現象は、[参照] からエクスプローラーを使用して、同一ディレクトリを指定した場合のみ発生することを確認しております。

上記でご案内した操作や、異なるディレクトリに保存した場合には、問題が発生しないことを確認しておりますが、上記でも問題が改善しない場合、以下の設定をお試しください。

“Office ファイルが正常保存されない事例について” の続きを読む