接続失敗 エラー1202

本ページでは、接続失敗(エラー1202) が発生した場合の対処方法をご案内します。
Error1202 Mapping Fail

本エラーは、WebDrive に登録されているサーバーに割り当てられたドライブが、別のサービスで使用されている場合に発生します。

使用中のドライブを開放するか、WebDrive のドライブレターを変更することで解決します。
WebDrive のドライブレターの変更手順を、以下にご案内します。

“接続失敗 エラー1202” の続きを読む

SSH ハンドシェーキングに失敗しました

SSHハンドシェイクに失敗する原因は、WebDrive が使用しているホストキー(秘密鍵/公開鍵)や暗号化方式が、接続先サーバーの情報と一致しないためです。
問題を解決するためには、WebDrive と SFTPサーバーの情報を合わせる必要があります。
以下の手順で設定内容を確認し、必要に応じて変更してください。

“SSH ハンドシェーキングに失敗しました” の続きを読む

Windows 7 および Windows Server 2008 のサポートについて

Windows 7 および Windows Server 2008/2008 R2 は、2020年 1月にMicrosoft社のサポートが終了します。
WebDrive での同OSのサポートも、上記日程で終了し、動作保証対象から除外いたします。
サポートが終了した古いOSでのご利用は、セキュリティ上の大きなリスクを抱えるため、推奨されておりません。
最新の Windows OS および WebDrive のご利用を強く推奨いたします。

旧バージョンの動作について

WebDrive 10,11,12,2016,2017 では、2018年5月以降の Windows OS は、動作対象に含まれておりません。

WebDrive では、旧バージョンに対して修正対応およびアップデートは適用されません。
そのため、Windows アップデート適用後の動作保証は、現行のメジャーバージョンにのみ適用されます。
旧バージョンについては動作保証外となりますので、ご注意ください。

保守サポートを継続購入いただいている場合、最新版へのアップグレード(バージョンアップ)が可能です。
WebDrive の最新版をインストール後、最も新しいシリアル番号にて、アクティベーションし直してください。

保守サポートを購入いただいていない場合、ライセンスを新規購入いただく必要がございます。

保守失効後のバージョンアップについて

保守有効期限が失効したライセンスでは、最新版の WebDrive をご利用いただけません。
保守サポートを購入していないライセンスでも同様です。

再度ライセンスを購入いただいても、通常のアップデート手順では、最新版にバージョンアップできません。
本ページでは、保守有効期限が失効したライセンスで、WebDrive の最新版にバージョンアップする手順をご案内します。

“保守失効後のバージョンアップについて” の続きを読む

保守サポート更新後の操作について

WebDrive は、保守サポートを更新いただきますと、新しいシリアル番号が発行されます。

WebDrive のシリアル番号は、ご購入後の案内メール(またはライセンスカード)にてご案内しております。
シリアル番号が届きましたら、シリアル番号の確認と変更方法 ページの操作手順に沿って、新しいシリアル番号にてライセンス認証をお願いします。

WebDrive を最新バージョンにアップデートいただく場合、WebDrive のアップデート手順ページの操作手順をご確認ください。

旧バージョンの再配布について

原則として、旧バージョンのインストーラーの再配布は行っておりません。
また、旧バージョンの動作検証は行っておらず、動作保証に記載されている内容は、現行のメジャーバージョンのみとなります。

Windows Update による影響についても、現行メジャーバージョンの最新ビルドでのみ検証を行っております。

例:WebDrive 2018 より古いバージョンでは、Windows 10 バージョン 1803 での動作を保証しておりません。
また、2018年現在の Windows Update 後の動作については、WebDrive 2018 以前では確認をしておりません。