WebDAV, SFTP, OneDrive 対応のファイル転送クライアントソフト

WebDAV, Dropbox, SFTP に対応したファイル転送クライアントソフト WebDrive

WebDrive は、Dropbox, OneDrive, WebDAVサーバー, SFTPサーバーなどの接続先の保存領域を、Windows のネットワークドライブにマウントして、Windows エクスプローラー上でファイルを操作する ファイル転送クライアントソフトです。

WebDrive の最大の魅力は、直感で使用できる操作性です。
NAS や USB メモリ上のファイルを操作する感覚で、サーバー上のファイルを操作できます。

サーバーに保存されたファイルの編集時に、ファイルをダウンロードする作業は不要です。
ファイルを直接開いて編集し、上書き保存するだけで、サーバー上のファイルを更新できます。
ファイル転送も簡単です。目的のファイルのドラッグ&ドロップで移動するか、ファイルをコピーして目的の場所に貼り付けるだけでファイルのコピーを転送できます。

シンプルで使い慣れた操作性

WebDrive では、使い慣れた Windows エクスプローラーを使用してファイルの編集や転送を行います。
クリックでサーバーに接続後、使い慣れた画面でサーバー内のファイルが表示されます。
その後の操作も、ローカルドライブのファイルを操作するような感覚でファイルの編集や転送が可能です。

複雑な操作やコマンド知識は不要です。ドラッグ&ドロップなどの Windows の基本操作で、フォルダやファイルを転送できます。
Ctrl+C などのショートカットキーによるファイル操作にも対応しています。
幅広い世代のユーザーが直感で操作できるシームレスな操作は高い評価を得ています。

ワンクリックでクラウドに接続

WebDrive は Google Cloud Storage や OneDrive などのクラウドストレージにも接続できます。

複数サーバーへの同時接続にも対応しており、WebDrive だけで、複数のサーバーを管理できます。

例えば SFTPサーバーと Dropbox に接続して、ファイルをドラッグ&ドロップで移動するだけで、サーバー間でのファイル転送が開始されます。

以下のリンク先に、対応している主要サーバーの接続手順を掲載しております。
試用版をインストールいただいた後、リンク先の手順を参考にして、WebDrive の手軽さや操作性をご体験ください。

ネットワークドライブに登録

SFTPサーバーや WebDAVサーバーはもちろん、Googleドライブや SharePoint Online にドライブレターを割り当ててファイルを操作可能。

サーバー内のファイルの直接編集はもちろん、サーバー間のファイル転送もドラッグ&ドロップで実行できます。

ネットワークドライブに登録

外出先から NAS にアクセス

WebDAV 接続に対応した NAS であれば外出先から NAS に簡単にアクセスできます。

自宅や出張先から、社内ネットワーク上にいるのと同じように簡単にファイルを操作できます。

IT管理者の負担を軽減

WebDrive は、多数のデスクトップに簡単に実装できます。

登録コードの埋め込み、接続先の事前設定、自動インストールを実行できる機能を備えているため、大規模台数への導入も簡単です。

また、インターフェイスは使い慣れた Windows エクスプローラとなるため、作業者への教育や指導にかかる時間も短縮きます。

複数言語への切り替えが可能

WebDrive は、日本語、英語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、フランス語、スペイン語に対応しています。

言語の切り替えはシームレスに変更できます。再起動や言語用のプログラムのインストールは必要ありません。
海外支社でも使用者に適した言語でご利用いただけます。
言語の切り替え方法 »

言語切替

ローカルドライブ内の容量を節約

WebDrive では、サーバーの保存領域と同期せずに、サーバー内のファイルにアクセスします。
サーバー上のファイルをローカルドライブにファイルを残さないため、クライアントPCのディスク容量の節約だけではなく、端末の紛失や盗難した場合のセキュリティリスクに備えることに繋がります。

安心できるセキュリティ

脆弱性や動作異常が発覚した場合、速やかに修正対応を行います。
修正内容はアップデート形式で適時配信されるため、常に最新の状態を維持することで、クライアントソフトを安全にご利用いただけます。
緊急性の高い問題は、長期の経過観察を行う前に beta 版として提供されます。

保守期間内であれば、バージョンアップデートに費用は発生しないため、常に安全性の高い最新版をご利用いただけます。

まずは、「無料試用版」をダウンロードして、WebDrive の素晴らしさをご体験ください。

SFTPサーバーのご案内

また、Windows 用の SFTPサーバーの導入やリプレースをご検討中なら、Titan SFTP Server をご検討ください。

Titan FTP と WebDrive は、同じ開発元で作成されているため、サポート窓口も一本化できます。
サーバー側の問題とクライアント側の問題の両方を、個別に調査する必要がないため、管理者の負担を大きく軽減できます。

新着情報

製品価格改定のご案内

昨今の為替レートの大きな変化やコストの上昇に伴い、2024年 9月 1日に製品価格を改定いたします。
対象ライセンスおよび金額詳細については、『製品価格改定のご案内』をご参照ください。

ご購入を検討中のお客様はお急ぎください。

紛失された古いシリアル番号やインストーラーの再発行の有償化について

2024年 3月 1日より、シリアル番号の再発行やインストーラーの再配布を有償化いたします。
(※保守サポートのご契約期間中は費用は発生いたしません。)
詳細は「ライセンスバックアップサービスについて」をご参照ください。

WebDrive が IT導入補助金2024 の対象になりました。

WebDrive が IT導入補助金2024の対象になりました。
WebDrive の導入にIT導入補助金を活用できます。

補助金を活用すると、WebDrive を導入する際の費用の半額が国から補助されます。

詳細は、IT導入補助金2024のご案内 をご参照ください。

SourceForge から Top Performer 賞を受賞

ソフトウェアレビューサイト SourceForge や G2.com でも高いユーザーレビューを獲得し、パフォーマーとして受賞しています。

Top Performer award 2023 summer from SourceForge G2 High Performer award 2023 summer Top Performer award 2022 summer from SourceForge

サーバーメンテナンスのご案内

下記日程にてWebサーバーのメンテナンスを実施いたします。

【日程】2023年 8月 24日 (木) 13:00 ~ 16:00 頃 (予定)

メンテナンス中、一時的にサイトが閲覧できない またはフォームご利用時にエラーが発生いたします。
ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、何卒ご了承の程、お願い致します。

お急ぎのご要件がございましたら、総合サイトのフォーム よりご連絡ください。

夏季休業のご案内

誠に勝手ながら、2023年 8月 14日 (月) は休業致します。
2023年 8月 10日 (木) のご注文 及び お問い合わせは、16時までを当日分とさせていただきます。
2023年 8月 11日 (金) ~ 14日 (月) のご注文 及び お問い合わせは、2023年 8月 15日(火) より順次対応致します。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程、お願い致します。

【重要】 エーディーディーを装った不審なメールにご注意ください

この度、弊社 (株式会社エーディーディー ) を装った「なりすましメール」が配信されていることを確認いたしました。
当社からメールソフトの設定値変更をご案内するメールはお送りしておりません。
同内容または類似内容のメールを受信された場合は、速やかに削除してください。
詳細は、【重要】エーディーディーを装った不審なメールにご注意ください をご参照ください。

プライバシーポリシーの改定

2023年 3月 6日付でプライバシーポリシーを改定いたしました。
詳細は、個人情報の取り扱いについて をご参照ください。

WebDrive NextGen 1.1.16 を公開

1.1.15 以前のインストールで発生した問題に対応しました。
詳細は 更新履歴をご参照ください。

WebDrive 2019 のサポート終了案内

WebDrive 2019 のサポートは、2021年 12月 24日 で終了しました。

WebDrive 2019 以前に関するサポート (お問い合わせへの回答) はご提供できません。
WebDrive 2019 をご利用のお客様は、お早めに WebDrive NextGen への移行をお願いします。

移行する前には、必ず試用版にて事前の動作確認をお願い致します。

サポート範囲の詳細は、WebDrive NextGen のサポート範囲 をご参照ください。

▲TOPに戻る