ファイル転送ソフトの WebDrive NextGen

Googleドライブ, Dropbox, SFTP に対応したファイル転送ソフト

Googleドライブ, Dropbox に対応した ファイル転送ソフト WebDrive NextGen

WebDrive NextGen は、Google ドライブ, Dropbox, WebDAV, SFTP などへのファイル転送に対応した、ファイル転送ソフト(SFTPクライアント)です。

接続したサーバーやクラウドストレージの保存領域を、Windows のネットワークドライブにマウントして、Windows エクスプローラー上でファイルを操作します。

マウントしたドライブは、NAS や 外付け HDD のように、ドラッグ&ドロップによるファイル転送や、ファイルの直接編集が可能となり、直感で使用できる操作性が魅力のファイル転送ソフトです。

複数のクラウドストレージを、それぞれドライブに割り当てることができるので、クラウドストレージごとにソフトウェアをインストールする必要がありません。
WebDrive NextGen だけで主要クラウドストレージを利用でき、Googleドライブ上のファイルを Dropbox に移動できます。

WebDrive NextGen の操作画面

例えば、Dropbox 上のファイルを SFTPサーバーに転送する場合、2つのサーバーに接続後、WebDAVサーバー内のファイルを、SFTPサーバーのフォルダにドラッグ&ドロップするだけでファイルが転送できます。
もちろん、Windows のショートカットキーによるコピー&ペーストでの転送にも対応しています。

ファイル転送ソフト WebDrive NextGen の詳細は、製品の特長 をご参照ください。

下図左のリンク先から、無料試用版をダウンロードして、WebDrive NextGen を体験してください。

WebDrive NextGen の試用版をダウンロード

どのようなサーバーに接続できますか

WebDrive NextGen は、SFTP サーバーや WebDAV サーバーはもちろん、Googleドライブ、Dropbox、OneDrive などのクラウドストレージに接続できます。
以下のリンク先に、対応している主要サーバーの接続手順を掲載しております。
試用版をインストールいただいた後、リンク先の手順を参考にして、WebDrive NextGen の手軽さや操作性をご体験ください。


また、Windows 用の SFTPサーバーの導入やリプレースをご検討中なら、Titan FTP をご検討ください。

Titan FTP と WebDrive NextGen は、同じ開発元で作成されているため、サポート窓口も一本化できます。
サーバー側の問題とクライアント側の問題の両方を、個別に調査する必要がないため、管理者の負担を大きく軽減できます。

Titan FTP 製品ページへ

Mac OS でも利用できますか

WebDrive NextGen には、Mac OS でもご利用いただける WebDrive NextGen for Mac ライセンスがございます。

WebDrive NextGen for Mac の詳細は、Mac OS 対応版について にてご案内しております。
Mac OS での利用をご検討の際は、事前にご参照ください。

NEWS

SourceForge から Top Performer 賞とリーダー賞を受賞

WebDrive NextGen が、世界最大のソフトウェアレビューおよび比較 Web サイトである SourceForge からトップパフォーマー賞とリーダー賞を受賞。

Windows 11 に対応

WebDrive NextGen 1.1.13 で Windows 11 (21H2) をサポートしました。

応用ガイドを更新

応用ガイド内のコマンドラインとバッチファイルの記述を改稿しました。(2021.12.09)
誤解を招く可能性のある記述の修正や、バッチファイルのサンプル追加、コマンドオプションの補足説明を追記。

製品価格改定のご案内

2022年 01月 01日より販売価格の見直しをさせていただくことになりました。

2021年 12月 28日からのご注文につきましては、改定価格で承らせていただきます。
詳細は、 製品価格改定のご案内 をご参照ください。

WebDrive 2019 のサポート終了案内

WebDrive 2019 のサポートは、2021年 12月 24日 で終了しました。

WebDrive 2019 以前に関するサポート (お問い合わせへの回答) はご提供できません。
WebDrive 2019 をご利用のお客様は、お早めに WebDrive NextGen への移行をお願いします。

移行する前には、必ず試用版にて事前の動作確認をお願い致します。

サポート範囲の詳細は、WebDrive NextGen のサポート範囲 をご参照ください。

WebDrive NextGen リリースのご案内

最新版となる WebDrive NextGen を、2020年 10月 27日にリリースいたしました。

  • 保守有効期限内のライセンスをお持ちのお客様は、WebDrive NextGen へのバージョンアップ手順 をご参照ください。
  • 保守サポートを購入されていない場合、保守失効後のバージョンアップについてをご参照ください。
  • 本バージョンのリリースに伴い、WebDrive 2018 以前のサポートがすべて終了いたします。
  • WebDrive 2019 は限定サポートに、WebDrive 2018 はサポート終了に移行します。
    詳しくは サポート範囲をご参照ください。
  • 問題の調査や解析などは、WebDrive NextGen のみで提供されます。

動作要件が変更され 64bit OS のみの対応となりました。
バージョンアップ前に、WebDrive NextGen の注意点 をご参照ください。

新機能や修正内容は、更新履歴 をご参照ください。
確認されている不具合は、適時 不具合情報 にて公開しております。

操作方法は、WebDrive NextGen の FAQ をご参照ください。

Windows 7 と Windows Server 2008 のサポートが終了しました。

Windows 7 および Windows Server 2008/2008 R2 は、2020年 1月 14日に Microsoft社のサポートが終了しました。

WebDrive での同OSのサポートも、上記日程で終了し、動作保証対象から除外いたします。
サポートが終了した古いOSでのご利用は、セキュリティ上の大きなリスクを抱えるため、推奨されておりません。
最新の Windows OS および WebDrive NextGen のご利用を強く推奨いたします。

Windows 10 での動作は、Windows 10 で動作するバージョンについて をご確認ください。

Best Cybersecurity Company にノミネート

開発元の South River Technologies 社が、2020 CyberSecurity Excellence Awards の Best Cybersecurity CompanySILVER WINNER を受賞。

2019年には、Best Cybersecurity Company の GOLD WINNER を受賞。