SFTPプロトコルのバージョンについて

WebDrive NextGen では、SFTPプロトコルの バージョン3 と バージョン4 に対応しています。
設定を必要とせず、接続先に応じて適切なバージョンが利用されます。

現在、多くのサーバーではバージョン4 がサポートされていますが、SFTPバージョン3 のサーバーに接続すると、WebDrive で表示されるファイルの内、日本語を含むファイル名が文字化けして表示されます。
これは、サーバーの UTF-8 エンコードと、SFTPバージョンの影響を受けるためです。

この問題は WebDrive NextGen の設定で回避することはできません。
SFTPサーバーの UTF-8 エンコードを有効にして、SFTPプロコルバージョンを、バージョン4 に変更してください。

  • SSH のバージョンとは異なります。