脆弱性 CVE-2021-3711、CVE-2021-3712 について

WebDrive NextGen は OpenSSL を使用していないため、OpenSSL の脆弱性(CVE-2021-3711、CVE-2021-3712)による直接的な影響はありません。

ただし、接続先 (ホスト側) が OpenSSL を使用している場合、ご利用のクライアント端末自体が脆弱性による影響を受ける可能性があります。

WebDrive NextGen と同じ開発元で作成された Titan FTP Server では OpenSSL を使用しておらず、OpenSSL の脆弱性による影響を受けません。

OpenSSL の脆弱性への対策をご検討であれば、Titan FTP Server への移行 および 安全性の高い SFTP サーバーへの移行を推奨いたします。