32bit 版から NextGen への移行手順

WebDrive NextGen は 64bit 専用のアプリケーションとなり 32bit OS ではご利用いただけません。ご利用いただくには、64bit OS への移行が必要です。

以下に、32bit OS から 64bit OS に移行いただく際に、WebDrive の設定情報を移行する手順をご案内します。

【操作手順】

  1. WebDrive 2019 32bit 版がインストールされている PC で、以下のレジストリをバックアップします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\South River Technologies\WebDrive
  2. ホストキーや証明書などをバックアップします。
  3. バックアップしたレジストリを 64bit PC でインポートします。
  4. WebDrive NextGen を 64bit PC にインストールして、アクティベーションを実行します。
    操作手順は、インストールとアクティベーション手順 をご参照ください。
  5. Windows エクスプローラーのアドレスバーに %localappdata%\webdrive と入力して、開いたフォルダ内にホストキーや証明書を移動します。
  6. SFTP サーバーが登録されている場合、ホストキーを登録します。
    登録手順は、外部で生成したホストキー(秘密鍵)の登録手順 をご参照ください。