ログイン情報の安全性について

WebDrive NextGen で登録した接続先の「ユーザー名」と「パスワード」は、ハッシュ化した状態で保存されています。

構成ファイル上では、ランダムな文字列で記述されているため、構成ファイルから「ユーザー名」と「パスワード」を確認することはできません。

また、Dropbox、OneDrive、SharePoint Online、Googleドライブなどの、API を使用しているクラウドストレージでは、「ユーザー名」と「パスワード」を構成ファイルに記録していません。

  • セキュリティ対策上、内部で使用しているハッシュ関数の情報は非公開となります。