コマンドラインでのホストキー作成手順

WebDrive NextGen では、SFTP接続に使用するホストキー(キーペア)を GUI とコマンドの両方で作成できます。

本ページでは、コマンドラインからホストキーを作成する手順をご案内します。
GUIでの作成手順は、ホストキーの作成手順 をご参照ください。

【操作手順】

  1. コマンドプロンプトを開き、ホストキーを出力させたい場所に移動します。
    WebDrive NextGen では AppData\Local\WebDrive での管理を推奨。

    cd %LocalAppData%\WebDrive

  2. ホストキーの「ファイル名」「鍵の種類」「鍵の長さ」「秘密鍵のパスワード」をコマンドで指定し、鍵ファイル(.ppk) を生成します。

    “c:\program files\webdriveapp\bin\WebDriveCLI” –keycreate {ファイル名.ppk} {鍵の種類} {鍵の長さ} {パスワード}

    例)下記では、ED25519 256bit の秘密鍵を Hostkey という名前で作成しています。 

    “c:\program files\webdriveapp\bin\WebDriveCLI” –keycreate Hostkey.ppk ED25519 256 Password54321

  3. C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\WebDrive フォルダ内に「ファイル名.ppk」と 「ファイル名.pub」ファイルが生成されます。
  • 括弧は入力しません。
  • 鍵の長さが固定値となる場合でも、長さの値を入力してください。
  • {ユーザー名} には、Windows のユーザー名をご入力ください。