ログファイルについて

ログファイルは、WebDrive NextGen(クライアント)とサーバー間の通信を記録するファイルです。
WebDrive NextGen では、ログファイルの出力レベルを 4つの段階から選択できます。

  • エラー:接続中に発生したエラー情報を取得した、最小レベルのログを出力。
  • 情報:基本情報のみを記載したログを出力。(初期値)
    ユーザーが WebDrive NextGen 上で発生している内容を、簡易的に確認したい場合に適しています。
  • 詳細:情報レベルの内容に加えて、プロトコルやサーバーから得られた情報などを含んだログを出力。
    社内の管理者による問題の確認や、トラブルシューティングなどでの利用に適しています。
  • デバッグ:WebDrive NextGen の内部処理情報を含む最大レベルのログを出力。
    エンジニアによるログ解析を依頼する場合に必要となります。
    ファイルサイズが大きくなるため、普段はこのレベルを使用せず、調査を依頼するためのログを出力する場合のみ、有効にすることを推奨します。
  • ログレベルの設定時には、サイトから切断している必要があります。
    接続中に変更した場合、次回接続時から反映されます。
  • 切断後や操作終了後にログレベルを変更しても、元のレベルに応じたログ情報が出力されます。
    そのため、ログレベルの変更後は改めて、確認したい操作の再現が必要です。