WebDrive NextGen の使用時に PCが重くなる

WebDrive NextGen を使用してサーバーに接続中、ファイルなどを操作していないのに CPUやメモリの負荷上昇で PC が重くなる場合、キャッシュ設定によって状況を改善できる可能性があります。

【操作手順】

  1. ホーム画面で、対象サイトの 編集ボタン をクリックして接続設定を開きます。
  2. 「キャッシュ設定」を開いて [キャッシュ設定をカスタマイズする] にチェックが入っているかを確認します。
    チェックが入っていない場合、本設定による変化はないため、設定画面を閉じてください。
  3. 「ファイルの検証」の項目に移動して、「変更されたファイルをバックグラウンドで更新する」のチェックを外します。
    バックグラウンドでの更新
  • Dropbox や OneDrive などで「キャッシュされたファイルへの変更を自動で検出する」が有効になっている場合、設定画面が若干異なりますが、操作対象となる設定項目は共通です。