WebDAV サーバーでリネームが失敗する

本ページでは、WebDAV サーバーでリネームだけが失敗する問題について、原因と対処方法をご案内します。

この問題は主に、ユーザーが権限を保有していない場合に発生します。
まずは、ユーザーのリネーム権限について、サーバー管理者にご確認ください。

ユーザーがリネーム権限を保有しており、サーバーへの接続やディレクトリリストの取得が成功する場合、接続しているプロトコルをご確認ください。

HTTP による安全ではない WebDAV 接続をご利用の場合、リネームなどの特定の操作が失敗する場合があります。

以下の手順に沿って、安全な HTTPS プロトコルに変更してください。

【操作手順】

  1. 接続中のサーバーから WebDrive を切断します。
  2. 対象となる接続先の 編集ボタン をクリックします。
  3. サーバーアドレスの項目で、接続先URL または IPアドレスの前に、https:// を追加します。
  4. 戻るボタン をクリックして、ホーム画面に戻ります。
  5. WebDrive でサーバーに接続して、リネームをお試しください。

上記の操作で問題が改善されない場合、調査用ログの出力方法と調査依頼手順 に記載された手順でログを取得いただき、お問い合わせフォームよりご相談ください。

  • 保守サポートが購入されているライセンスのみがサポート対象となります。
  • 保守有効期限が失効したライセンスに対して、製品サポートは提供されません。