EPSV を使用して接続する方法

EPSV での接続が必要となる場合、本ページに記載されている手順を実施することで、FTP 接続のパッシブモードを変更できます。

EPASV と PASV は異なります。本設定は、EPSV での接続が指定された環境以外では不要です。

一般的なパッシブモード(PASV)は、接続設定の [FTP 設定][パッシブモードを有効にする] で利用できます。

【操作手順】

  1. WebDrive と接続中の全てのサイトを切断し、タスクトレイ上のアイコンから WebDrive を終了します。
  2. Windows エクスプローラーで以下のフォルダを開きます。
    %localappdata%\WebDrive\sites
  3. 対象となる接続先の jsonファイル を開いて、ConnectorConfig の値を編集します。
    “ConnectorConfig”: “UseEPSV=1”,
    (値が存在しない場合は追記します。)
  4. jsonファイルを上書き保存した後、ファイルを閉じます。
  5. WebDrive NextGen を起動して、対象の接続先に接続します。