コマンドタイムアウト設定について

WebDrive 2019 では接続設定に「コマンドタイムアウト」という設定項目がありましたが、本設定は WebDrive NextGen の設定画面には表示されていません。

アップデートにより WebDrive 2019 から設定が変更されている場合は、元の設定値が継承され、新規作成した接続先では 60 秒に設定されます。

タイムアウトまでの待機時間は、ホスト側の設定値が優先されるため、ほとんどの環境では、クライアント側での設定を必要としません。

クライアント側の待機時間を変更する必要がある場合、以下の手順で変更可能です。

【操作手順】

  1. すべての接続を切断した後、タスクトレイから WebDrive NextGen のアプリケーションを終了します。
  2. エクスプローラーで AppData\Local\WebDrive\Sites フォルダを開きます。
  3. {接続先名}.json を UTF-8 に対応したテキストエディタで開きます。
  4. “ConnectionTimeout”: 60, の数値部分を任意の値に編集して保存します。(単位:秒)
  5. テキストエディタを閉じて、WebDrive NextGen を起動します。
  • 必要となる環境以外で、本設定を変更することは推奨しません。
  • ホスト側で設定された待機時間が優先されます。ホスト側で設定されている待機時間を超えることはありません。
  • 本内容は NextGen 1.1.13 時点での内容となり、今後変更される場合があります。