ハイパーリンクが機能しない場合について

WebDrive NextGen では、Microsoft Word や Excel のハイパーリンクを使い、サーバー上 (接続先) に保管されたファイルへのリンクを、文書や表に挿入して、リンクからファイルを開くことができます。

ただし、この機能を利用するには、いくつかの注意点と設定変更が必要です。

まず、WebDrive 2019 以前がインストールされている場合、WebDrive NextGen でこの機能が正しく動作しません。
NextGen より古いバージョンは、アンインストールする必要があります。

次に、初期設定では利用できないため、以下の手順で設定を変更してください。

【操作手順】

  1. すべての接続を切断した状態で WebDrive NextGen のホーム画面を開き、設定ボタン をクリックします。
  2. 設定画面を下にスクロールして「全ての設定を表示」にチェックを入れます。
    全ての設定を表示
  3. [高度な設定] を開いて [RDS またはターミナルサーバーを許可する] のチェックを外します。
    高度な設定 (全体設定)
  4. 戻るボタン をクリックしてホーム画面に戻ります。
  5. 対象サーバーに接続して、Word や Excel のハイパーリンクで、テキストなどにリンクを挿入します。
  • 切断中はリンク先のファイルを開くことはできません。
  • WebDrive NextGen でホストに接続している場合のみ動作します。