WebDrive NextGen の自動起動を無効化

Windows の起動時に、WebDrive NextGen を自動起動させない方法をご案内します。

【操作手順】

  1. ホーム画面の 設定ボタン をクリックします。
  2. 「起動時に実行する」 のチェックを外します。
    起動に実行する
  3. 戻るボタン をクリックしてホーム画面に戻ります。
  4. その他のアクション をクリックして [終了] をクリックします。
  5. [Ctrl] + [Shift] + [Esc] キーを同時に押して、タスクマネージャーを起動します。
  6. 「スタートアップ」 に移動して、WebDrive を右クリックして [無効化] を選択します。
    WebDrive がスタートアップに存在しない場合、次の手順に進みます。
  7. タスクマネージャーを閉じます。
  • ご利用のバージョンによっては、手順5以降の作業でスタートアップに WebDrive が存在しません。
  • 初回インストール時のバージョンが古い場合のみ、スタートアップ上に WebDrive が 2つ存在します。
    これは、今後のアップデートで改善される予定です。