セキュリティによる制限について

ご利用環境のセキュリティ状態によっては、WebDrive NextGen が使用するフォルダやファイルへのアクセスが制限される場合がございます。

WebDrive NextGen のご利用には、アプリケーションが使用するフォルダへのアクセス許可(読み取り/書き込み)が必要となります。

  • C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\WebDrive
  • C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Roaming\WebDrive
  • C:\ProgramData\WebDrive
  • C:\Program Files\WebDriveApp

また、ログファイル及びキャッシュファイルの保存先を変更されている場合、必ず両ファイルの保存先にも、アクセス許可を適用してください。
保存先の確認方法は、ログとキャッシュの保存先変更手順 をご参照ください。

WebDrive NextGen のアプリケーションが使用するフォルダを、セキュリティソフトなどの常時監視対象から除外いただくことで、アプリケーションのパフォーマンス改善やトラブルの解消に繋がる場合がございます。
具体的な設定方法につきましては、システム管理者様 および セキュリティソフトウェアの製造元にご確認ください。

  • AppData および ProgramData は隠しフォルダです。
  • 安全性を損なうため、セキュリティソフトの完全な無効化は推奨いたしません。
  • WebDrive は、信頼できるホスト(サーバー)に接続してのご利用を前提としております。
  • 信頼できないホストへの接続はお控えください。