TOP » FAQ » 環境変数の設定について

環境変数の設定について

本ページでは、WebDrive NextGen を環境変数に設定する方法についてご案内いたします。

本設定を実施しておくことで、コマンドでの操作時に WebDrive のパスを指定する必要がなく、WebDriveCLI.exe という記述のみで利用可能となります。

【操作手順】

  1. タスクバーの検索ボックスに「環境変数」と入力します。
  2. 「環境変数を編集」という検索結果をクリックします。
    環境変数を編集
  3. ユーザー環境変数の「Path」を選択して [編集] をクリックします。
    環境変数
  4. [新規] をクリックして、C:\program files\webdriveapp\bin と入力して [OK] をクリックします。
    ユーザー環境変数の追加
  5. [OK] をクリックして、手順3の画面を閉じます。
  6. コマンドプロンプトを開き、下記コマンドを入力して接続できることをご確認ください。

    WebDriveCLI.exe –mount 接続先名 –startup –nowait

  • 検索ボックスは [Windows] キー + [S] キーでも開けます。
  • 手順6のコマンドでの接続時に、ウィンドウ(フォルダ内の表示)は展開されません。
  • WebDriveCLI.exe で WebDrive を起動できない場合は、環境変数のパスに間違いがないかをご確認ください。
  • パスに間違いがない場合、一度 OS の再起動をお試しください。