WebDrive NextGen に移行するメリット

WebDrive 2019 から WebDrive NextGen に移行するメリットをご案内いたします。

セキュリティリスクへの軽減

WebDrive NextGen では、適時アップデートが配信されます。
脆弱性問題が発覚した場合、問題への迅速な対応が可能となります。

また、SFTP のセキュリティ強化に伴い、安全性能とパフォーマンスが向上しました。

【参考】SFTP で使用しているアルゴリズム

フルサポートが提供可能

問題が発生した場合、不具合修正は WebDrive NextGen のみで提供されます。
WebDrive 2019 以前では、限定的なサポートしか提供されず、不具合の調査および修正が行われません。
また、WebDrive 2019 の限定サポートは、2021年後半に終了予定です。

【参考】WebDrive のサポート範囲について

複数の言語に対応

日本語、英語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、スペイン語 の 6カ国語に対応しています。
これまでのように、各言語のインストーラーを使用する必要はなく、設定画面からシームレスに言語の切り替えることができます。

【参考】言語の切り替え方法