使用するドライブレターの自動選択

WebDrive は通常、指定したドライレターを使用してサーバーに接続するため、指定したドライブレターが使用されている場合、サーバーへの接続に失敗します。

接続に失敗した場合、OSの再起動やドライブレターの変更が必要となりますが、以下の設定を使えば、使用中のドライブレターに代わり、使用可能なドライブレターを自動で選択します。

PCに詳しくない方や、ネットワークドライブを多用されている環境に推奨する設定です。

“使用するドライブレターの自動選択” の続きを読む

PC 初期化前の注意点

WebDrive をご利用中の PC を初期化される場合、作業前に WebDrive のアクティベーション解除 または アンインストールする必要があります。

上記を実施せずに初期化すると、初期化前の PC がライセンスを保持した状態となります。
この時に利用可能台数を超えてしまうと、初期化後のアクティベーションを実行できなくなり、WebDrive がご利用いただけません。

例) シングルユーザーの場合、インストールできる PC の最大数に到達するため、認証エラーが発生します。

末尾にスラッシュを追加する設定について

WebDrive NextGen では、WebDrive 2019 以前に存在した「ディレクトリ一覧の要求の末尾にスラッシュを追加」 の設定が不要となり、設定項目が廃止されました。

正常動作しない場合、問題をお調べいたしますので、弊社および開発元 (米国) から接続可能なテストアカウントをご提供ください。