領域不足の警告について

ご利用環境によって、領域不足の警告(下図)が表示される場合がございます。
領域不足エラー

WebDrive は、実際のサーバーのディスク領域(容量)ではございません。
警告画面やエクスプローラ上で表示されている容量値は、実際のディスク領域ではなくレジストリ値が表示されています。
本警告が発生した場合、以下のレジストリの値を、目的の容量値(MB)に変更してください。(初期値:4194304MB)

HKEY_CURRENT_USER\Software\South River Technologies\WebDrive\Connections\{ホスト名}\QuotaMB

サーバーによっては QuotaMB の値は利用されません。
QuotaMB の値が反映されない場合、以下の設定をお試しください。
[サイトのプロパティ][基本ファイル設定][クォータ処理を有効にする] のチェックを外して [OK] をクリックします。
※サーバーが、ディスククオータ機能を使用している場合はチェックを入れます。
クォータ処理設定

なお、空き領域や使用領域の情報は、WebDrive のキャッシュ内に保存されています。
サーバーへの接続中は、WebDrive が情報を使用しているため、「キャッシュをフラッシュ」では削除されず、切断することでリセットされます。

  • レジストリを編集する場合、Windows のサービス管理画面から WebDriveService を停止してください。
  • レジストリは Windows において大変重要なものです。
    レジストリの編集による損害は、お客様の自己責任となり、弊社は責任を負いません。
    誤って他のキーを削除する事のないよう、慎重に取扱ってください。