WebDrive NextGen のキャッシュを削除する

WebDrive NextGen でキャッシュを削除する方法は、大きく分けると 2つに分類されます。

1つ目は、サイト単位でキャッシュを削除する方法です。
2つ目は、WebDrive NextGen で使用している全てのキャッシュを削除する方法です。

本ページでは、キャッシュを削除する2つの方法と違いについてご案内します。

サイト単位でキャッシュを削除する

この方法は、主に接続中のサイトのキャッシュを削除したい場合に使用されます。

【操作手順】

  1. WebDrive NextGen のホーム画面を開き、接続中のサイトのキャッシュフラッシュボタンをクリックします。
    または、タスクトレイ上の WebDrive NextGen のアイコンを右クリックして、接続中のサイトを選択し、 [キャッシュをクリア] をクリックします。
    キャッシュをクリア

全てのキャッシュを削除する

この方法では、WebDrive NextGen で保存されている全てのキャッシュ情報が削除されます。
切断状態にのみ実行可能となり、サイトへの接続中には実行できません。
WebDrive NextGen が全てのドライブのマウントを解除している必要があります。

【操作手順】

  1. WebDrive NextGen のホーム画面を開き、すべてのサイトが切断中であることを確認します。
  2. 設定ボタン をクリックして設定画面を開きます。
  3. 設定画面を下方向にスクロールして、キャッシュをクリア ボタンをクリックします。
  4. ボタン左の文字が「キャッシュは 0 バイト を含んでいます。」となっていることを確認します。
  5. 戻るボタン をクリックしてホーム画面に戻ります。