WebDrive 2019 で起動時に自動接続されない問題

WebDrive 2019 で「ログイン/起動時に接続する」にチェックを入れているのに、Windows アップデート後などに動作しなくなったという現象が確認されています。

上記のような事例をご確認された場合、WebDrive NextGen への移行 を推奨します。
WebDrive 2019 は開発が終了しており、今後、問題の修正やセキュリティアップデートが配信される予定はございません。
また、Windows アップデートによる動作検証は行われず、動作保証外となります。
今後も Windows アップデート後に、これまで使用できていた機能が、動作しなくなる可能性がございます。

WebDrive NextGen への移行が、すぐには難しい場合、下記設定をお試しください。

【操作手順】

  1. WebDrive 2019 の管理画面で [設定] をクリックします。
  2. 「起動時にタスクバートレイで実行する」「WebDrive の代わりに Windows を使用し、~」 にチェックを入れます。
    Windows ログイン時の自動接続
  3. [OK] をクリックします。
  4. 一覧から目的のサイトを選択して [サイトプロパティ] をクリックします。
  5. 「ログイン/起動時に接続する」にチェックを入れて [OK] をクリックします。