キャッシュモードについて

本ページでは、キャッシュ基本設定内の、キャッシュモード について、各モードの特性と適合性に関する情報をご案内させていただきます。

  • シングルユーザー
    サーバー内のフォルダやファイルを操作するユーザーが、1ユーザーの場合に適しています。
    高速処理に適していますが、複数ユーザーが同じフォルダ内を操作する環境では、適していません。
    WebDrive が最新の情報を取得できないため、エクスプローラ上には、古い情報が表示されます。
  • マルチユーザー
    複数ユーザーで、サーバー内のフォルダやファイルを操作する環境に適しています。
    ただし、MLST コマンドをサポートしている WebDAV および SFTP サーバー以外では、本機能が有効に動作しません。
    適合したサーバー以外でご利用いただくと、WebDrive は、サーバーから最新の情報を正しくダウンロードできません。
    適合のサーバー以外でのご利用の場合、カスタムモードをご利用ください。
  • カスタム
    キャッシュに関する動作を細かく指定できるモードです。
    マルチユーザーをサポートしていないサーバーにアクセスする場合、このモードを推奨いたします。
    推奨設定値については、キャッシュ基本設定について をご参照ください。
  • 使用しない
    このモードは、多くのケースで推奨されていません。
    ローカルディスク容量が限られている環境に適していますが、データ通信量が増加します。
    キャッシュを保持せずに、常にダウンロードと削除を繰り返すため、パフォーマンスが大きく低下します。
    WebDAV やクラウドストレージ(HTTP/HTTPS)でのご利用には特に適していません。