Office ファイルが正常保存されない事例について

一部環境で Microsoft Office の [参照] を使用して、同じディレクトリ(フォルダ)内にファイルを保存すると、正常保存できない事例がございます。

この問題は、[名前を付けて保存] をクリック後、ファイル名を入力し、そのまま保存することで回避できます。
通常、Office アプリケーションは、現在開いているファイルと同じディレクトリ内を保存先として指定しているため、[参照] を使用しなくても同じ場所に保存いただけます。

本現象は、[参照] からエクスプローラーを使用して、同一ディレクトリを指定した場合のみ発生することを確認しております。

上記でご案内した操作や、異なるディレクトリに保存した場合には、問題が発生しないことを確認しておりますが、上記でも問題が改善しない場合、以下の設定をお試しください。

【操作手順】

  1. OS と Microsoft Office を更新して、最新の状態にします。
  2. WebDrive を最新版に更新します。(バージョン2019 ビルド5348 以降)
  3. [設定][キャッシュ設定][キャッシュをクリア] でキャッシュを削除します。
  4. サーバー一覧から対象のサーバーを選択して、[サイトプロパティ] をクリックします。
  5. [接続設定] に移動して「最大アクティブ接続数」の値を 4 に、「最大アップロード数」の値を 2 に変更します。
    最大アクティブ数とアップロード数
  6. [OK] をクリックします。
  • 本現象について、WebDrive のプログラムに問題は確認できておりません。
  • 一部のクラウドサーバーおよび一部の端末でのみ問題の発生を確認しております。
  • 問題が発生している環境でも、保存時のタイミングにより、問題が再現しない場合がございます。
  • 上記設定にて 429 Too Many Requests が発生した場合、ログと設定ファイルを添えてご連絡ください。
カテゴリーFAQ