SSLの脆弱性について

WebDrive では、TLS 1.0/1.1/1.2 をサポートしています。
接続先のサーバーが TLS に対応している場合、SSL を無効化して TLS のみを有効にしてご利用ください。

以下に、SSLを無効にして TLSを有効にする方法をご案内します。
WebDrive がサーバーと接続中の場合、切断後に設定を適用してください。

【操作手順】

  1. WebDrive を起動し、対象のサイト名を選択して [サイトプロパティ] をクリックします。
  2. [接続設定] をクリックします。
  3. SSL プロトコル設定(下図赤枠)で、無効化したい SSLのチェックを外し、有効化したい TLSのチェックを入れます。
    SSL設定
  4. [OK] をクリックして設定画面を閉じます。
カテゴリーFAQ