Dropbox Business のチームスペースに対応

WebDriveは、バージョン2019 ビルド5336 より、Dropbox Business のチームスペースに対応しました。
この更新により、WebDrive でチームフォルダの閲覧や編集ができるようになりました。

チームスペースとは、Dropbox Business の Web管理画面にログイン後、[管理コンソール][コンテンツ] に移動した際に表示される場所です。
Dropbox Business チームスペース

なお、WebDrive 2019 #5336 以降では、Dropbox Business に接続した場合、マイアカウントフォルダ(自分のフォルダ)とチームフォルダ(チームスペース内のフォルダ)が、ホームディレクトリとして表示されます。
DropboxBusiness チームスペース from WebDrive
ホームディレクトリとは、サーバーにログインした後表示される、最初のディレクトリのことです。
Dropbox Business の Web管理画面上では、左メニューの [ファイル] をクリックして表示される画面です。
Dropbox Business ホームディレクトリ

そのため、WebDrive で、Dropbox Business に接続し、初めに表示されたディレクトリ内にフォルダを作成すると、メンバーに共有されたチームフォルダとして作成されます。

他のメンバーのアカウントフォルダは表示/閲覧できませんが、共有フォルダとして作成されたフォルダは、所定の手順を実施することで、マイアカウントフォルダ内に表示されます。

  • チームスペース内のフォルダやファイルは、チームメンバーに自動で共有されます。
  • チームメンバーや共有の設定については、Dropbox にログインして設定する必要があります。
  • チームフォルダの仕様に関する詳細は、Dropbox のヘルプをご参照ください。