バッチファイルによるアップデート方法

本内容は、WebDrive の 50ライセンスパック以上のライセンスを対象とした内容です。
以下の手順を実施することで、複数の端末の更新作業を簡略化できます。

【操作手順】

  1. WebDrive とサーバーを切断し、起動中のアプリケーションをすべて終了します。
  2. WebDrive の最新版を入手します。
  3. 以下の内容を記述したバッチファイルを作成します。(ここでは WDUPD.bat とします。)

    WebDrive.exe /S /V”/QN”

    • WebDrive.exe には、インストーラーのファイル名を入力します。
  4. 任意のフォルダを新規作成して、以下のファイルをフォルダ内に移動します。
    • 最新の WebDrive のインストーラー(.exe)
    • バッチファイル(WDUPD.bat)
  5. WebDrive をインストールしたい端末に、作成したフォルダを移動して、WDUPD.bat を実行します。(アップデート後、OS が再起動します。)
  6. WebDrive の管理画面を開いて、[ヘルプ][ライセンス情報] をクリックして、「バージョン番号」または「ビルド番号」が更新されていることを確認します。
  7. [OK] をクリックして画面を閉じます。
  8. 任意のサイト名をダブルクリックして、サーバーに接続できることを確認します。
  9. 手順5を他の端末で繰り返します。
  • 管理者権限を持たないユーザーでは本操作を実行できません。
  • 原則として再起動いただくことを強く推奨いたしますが、再起動を抑制したい場合は、BATファイルに、REBOOT=”ReallySuppress” を追記します。

保守更新に伴い、新しいシリアル番号が発行されていれば、テキストエディタに以下の内容を記述して、appsetup.ini という名前で保存します。

RegCode=新しいシリアル番号
LicenseActivate = 1

(シリアル番号の部分には、保守更新後に発行された、新しいシリアル番号を入力します。)