各ライセンスの違いについて

WebDrive の各ライセンスの使用制限について説明しています。WebDrive のライセンスの考え方は、ユーザー単位ではなく、端末(Windows/Mac)単位に与えられるライセンスです。

シングルライセンス

  • ライセンスを使用するクライアント端末(Windows/Mac)数が 1台であること。(1ユーザー)

10・25・50・100・250・500 ライセンスパック

  • ライセンスを使用するクライアント端末数が制限内であること。
  • ライセンスを使用するクライアント端末の設置ロケーション(場所)が同一ビル/建屋(敷地)内であるか、ライセンスを使用するクライアントの全端末が同一管理者下にあること。
  • ライセンスを使用するクライアントの全端末が、子会社、グループ会社、または委員会、団体など同一組織の管理下にあること。
    ※ 株式保有率 50% 超の資本関係であること。

エンタープライズライセンス

  • ライセンスを使用するクライアント端末の端末数制限、ロケーション制限、同一管理者下の管理制限がありません。
  • ライセンスを使用するクライアントの全端末が、子会社、グループ会社にあること。
    ※ 株式保有率 50% 超の資本関係であること。

アカデミックエンタープライズライセンス

  • ライセンスを使用するクライアントの全端末が、日本国の学校教育法に規定された教育機関の管理下にあること。その他条件は、エンタープライズライセンスと同一条件とする。

孫会社での使用について

以下に、孫会社以降での判定基準についてご案内いたします。

まず、株式保有比率の数字は100%を[1]、70%を[0.7]などに置き換えます。

  • 親会社から子会社への株式保有比率(a)
  • 子会社から孫会社への株式保有比率(b)

親会社から見た、孫会社の株式保有比率を (a) ×(b) とし、結果が 0.5 (50%) を超えていれば、孫会社でも WebDrive エンタープライズライセンスを使用することが認められます。

[具体例]

  • 親会社 X [WebDrive エンタープライズライセンスを購入。]
    ※ WebDrive のライセンスを使用可能
  • 子会社 Y (a) [親会社 X が 99% の株式を保有している。]
    ※ 50% 超の株式を保有しているため、ライセンスを使用可能
  • 孫会社 Z (b) [子会社 Y が 55% の株式を保有している。]
    ※ (a) 0.99 × (b) 0.55=0.54 となり、50% を超えているため、ライセンスを使用可能。
    子会社 Y の株式保有比率が 50% の場合、0.99 × 0.50 = 0.49 となり、50% 以下となるため、ライセンスはご利用いただけません。