Google ドキュメントへの対応について

WebDrive ではバージョン 2017 以降で、Google ドキュメントの閲覧に対応いたしました。
WebDrive で Google ドライブに接続し、ドライブ内に保存されている、ドキュメントおよびスプレッドシートをクリックしていただくと、お使いのブラウザで展開されます。

ただし、WebDrive 内での Google ドキュメントおよびスプレッドシートの作成・コピーには対応しておりません。
ブラウザ上で動作するアプリケーションですので、ブラウザで操作いただく必要がございます。