パーミッションが反映されていないように見える現象について

WebDrive は、キャッシュフォルダ内での動作をサーバーに反映します。
この仕様による影響で、エクスプローラー上では、権限を持たないユーザーが、ファイルの作成/削除に成功したように見える場合がございますが、実際にはサーバー内で操作は実行されておりません。
エクスプローラー上では、操作が実行されたように見えていますが、WebDrive のキャッシュをフラッシュ後、エクスプローラーを更新することで、操作が実行されていないことをご確認いただけます。

キャッシュを完全に無効化することはできないため、操作が実行される前に、パーミッションエラーを受け取る設定を行うことで、この問題を回避することができます。

【操作手順】

  1. サーバーとの接続を、切断します。
  2. サーバー一覧から目的のサーバーを選択し、[サイトプロパティ][基本ファイル設定] をクリックします。
  3. 「ファイル作成時に書込み権限をテストする」にチェックを入れます。
  4. [OK] をクリックして設定画面を閉じます。

WebDrive のユーザーがファイルの削除権限を持っていない場合、上記設定後は、サーバー内のファイルの削除を実行すると、下図のようなエラーメッセージが表示されます。
permission error

※ すべてのサーバーで、動作対応しているわけではございません。
お客様環境での動作については、お客様自身でご確認をお願い致します。