保守有効期限が失効した後の、最新バージョンへのアップグレード方法

まず、保守有効期限が失効しているライセンスでは、最新バージョンへアップグレードできません。
新たに WebDrive のライセンスをご購入いただく必要がございます。
ただし、新しいシリアル番号では、古いバージョンの WebDrive をアクティベーションすることはできません。
保守有効期限が失効した後のアップグレード方法については、下記の手順をご参照ください。

  1. 下記リンク先より WebDrive の新規ライセンスをご購入いただきます。
    WebDrive 購ページ
  2. シリアル番号が到着後、下記リンク先を参照して WebDrive の設定情報のバックアップを取ります。
    WebDrive 設定情報のバックアップ
  3. 一度、古い WebDrive をアンインストールしていただきます。
  4. シリアル番号のご案内メールに記載されている URL より、最新版の WebDrive をダウンロードします。
  5. 管理者権限を持ったユーザーアカウントで、WebDrive をインストールします。
  6. PC の再起動後、下記リンク先を参照して 手順2 で保存した設定情報をインポートします。
    WebDrive 設定情報の復元