Windows 10 へのアップグレード後、WebDrive が使用できない

Windows 10 で WebDrive をご利用いただく場合、下記内容についてご確認をお願い致します。

  • WebDrive のバージョン
    Windows 10 への対応は、バージョン 12.21 ビルド # 4207 以降となります。
  • ライセンスの保守有効期限
    1. 保守有効期限が、2015年 8月 4日以前のライセンスでは、Windows 10 に対応した WebDrive はご利用いただけません。Windows 10 でご利用いただくには、ライセンスを新規購入いただく必要がございます。
      保守有効期限が失効しているライセンスを更新される場合には、下記リンク先をご参照ください。
      保守有効期限が失効した後の、最新バージョンへのアップグレード方法
    2. 保守有効期限が、2016年 2月 8日以前のライセンスの場合、Windows 2016 はご利用いただけませんが、Windows 10 に対応した、バージョン 12.21 ビルド # 4207 はご利用いただけます。
      インストーラーをお持ちでない場合、お問い合わせフォームへシリアル番号を添えてご依頼ください。

また、WebDrive をご利用中の PC を、Windows 10 にアップグレードされる場合、WebDrive を再インストールする必要がございます。
詳細手順につきましては、下記リンク先をご参照ください。
Windows 10 へのアップグレードについて