バッチファイルについて

WebDrive では、バッチファイルを利用してのファイル転送にも対応しております。
下記にバッチファイルに記載するコマンドの一例をご紹介致します。
—————————————————————————
rem WebDriveで “No Name” というサイトへ接続
start /wait /D”c:\program files\webdrive” webdrive.exe /s:”No Name”

rem W ドライブ内の Sample.txt を D ドライブへコピー
copy W:\Sample.txt D:\

rem W ドライブ内の遅延クローズキュー内の全てのファイルを消去、必要に応じてアップロードするために待機
start /wait /D”C:\Program Files\WebDrive” webdrive.exe /flushandwait:W:

rem WebDriveのキャッシュをクリア
start /wait /D”c:\program files\webdrive” webdrive.exe /cacheflush:W

rem W ドライブを切断して WebDrive を終了する。
start /wait /D”c:\program files\webdrive” webdrive.exe W:/d

—————————————————————————

コマンドラインの詳細については、下記リンク先をご参照ください。
コマンドラインパラメータ一覧表