ホストキーとは

SFTPサーバーへのログイン時(接続)に使用されるユーザー認証には、パスワード認証公開鍵認証が存在します。

ホストキーとは、公開鍵認証で使用される、SFTPサーバーへのログインに使用する、公開鍵秘密鍵です。
一般的には、キーペアと呼ばれており、2つの鍵は WebDrive で作成できます。

公開鍵秘密鍵は対になっており、秘密鍵にはパスフレーズと呼ばれる秘密鍵用のパスワード(ホストキーパスワード)が必要となります。
WebDrive は、秘密鍵のパスフレーズを記憶するため、接続の度にパスフレーズを入力する必要はありません。

ファイル名の文字化けについて

WebDrive で接続したサーバー内のファイル名が文字化けする場合、まずは以下の内容をご確認ください。

  • WebDrive が最新の状態であるか
  • Windows OS が最新の状態であるか
  • サーバー側で、UTF-8 エンコードが有効になっているか
  • SFTPバージョンが、バージョン 4 となっているか(SFTPサーバーの場合)

本ページでは、ファイル名を UTF-8 でエンコードする WebDrive の設定と、SFTPバージョン の変更手順をご案内します。

“ファイル名の文字化けについて” の続きを読む

権限のないユーザーがファイルを削除できる現象について

まず、サーバー側のユーザー権限が正しく動作している場合、サーバー内のファイルは、削除されずに残っておりますのでご安心ください。
ファイルが削除されているように見えているだけとなり、キャッシュの削除と更新 をお試しいただくことで、ファイルが再表示されます。

本現象は、WebDrive に以下の設定を適用することで回避できます。

“権限のないユーザーがファイルを削除できる現象について” の続きを読む

接続失敗 エラー1202

本ページでは、接続失敗(エラー1202) が発生した場合の対処方法をご案内します。
Error1202 Mapping Fail

本エラーは、WebDrive に登録されているサーバーに割り当てられたドライブが、別のサービスで使用されている場合に発生します。

使用中のドライブを開放するか、WebDrive のドライブレターを変更することで解決します。
WebDrive のドライブレターの変更手順を、以下にご案内します。

“接続失敗 エラー1202” の続きを読む

SSH ハンドシェーキングに失敗しました

SSHハンドシェイクに失敗する原因は、WebDrive が使用しているホストキー(秘密鍵/公開鍵)や暗号化方式が、接続先サーバーの情報と一致しないためです。
問題を解決するためには、WebDrive と SFTPサーバーの情報を合わせる必要があります。
以下の手順で設定内容を確認し、必要に応じて変更してください。

“SSH ハンドシェーキングに失敗しました” の続きを読む

Windows 7 および Windows Server 2008 のサポートについて

Windows 7 および Windows Server 2008/2008 R2 は、2020年 1月にMicrosoft社のサポートが終了します。
WebDrive での同OSのサポートも、上記日程で終了し、動作保証対象から除外いたします。
サポートが終了した古いOSでのご利用は、セキュリティ上の大きなリスクを抱えるため、推奨されておりません。
最新の Windows OS および WebDrive のご利用を強く推奨いたします。