製品詳細メニュー

購入関連メニュー

WebDrive 対応オンラインストレージサービス

オンラインストレージサービスが普及し始めている近年、複数のサービスをご利用の方も増加傾向にあります。

WebDrive は Windows 上で、オンラインストレージ領域をローカルドライブとして登録し、 エクスプローラ上で、コピー&ペーストや、ドラッグ&ドロップ など、ローカルファイルを移動するような感覚で、 オンラインストレージ内のファイルを簡単に操作できるソフトウェアです。
複数のサーバーの運用/管理には最適です。

WebDrive があれば、サービスごとのクライアントソフトウェアをインストールする必要はございません。

マルチクライアント WebDrive今すぐ試用版をダウンロードして、WebDrive の素晴らしさを体験してください。

試用版 (無料、試用期間 20 日間) をダウンロードする

対応オンラインストレージサービス一覧


Amazon S3 Amazon Cloud Drive Google Drive OneDrive Box Dropbox

Amazon S3 に対応

Amazon S3 へ接続する場合

  1. WebDrive 内のメニューより [新規] を選択します。
  2. 「接続するサーバーの種類」から [Amazon-S3] を選択します。
  3. 「アクセスキー ID」に Amazon アクセスキーを入力します。
  4. 「シークレットアクセスキー」にシークレットアクセスキーを入力します。
  5. 「ルートバケット」のドロップダウンリストから、バケットを選択します。
  6. [次へ] を選択します。
  7. 「サイト名」に任意の名前を入力します。
  8. 「ドライブ」のプルダウンリストより、空いているドライブを選択します。
  9. [今すぐ接続する] を選択します。
  10. Amazon S3 へ接続されます。

Amazon S3 への接続手順 (画像付)

Amazon Cloud Drive に対応

Amazon Cloud Drive へ接続する場合

  1. WebDrive 内のメニューより [新規] を選択します。
  2. 「接続するサーバーの種類」から [Amazon Cloud Drive] を選択します。
  3. Amazon のアカウント情報を入力して [サインイン] します。
  4. WebDrive からのアクセス許可を尋ねてきますので、[OK] を選択します。
  5. 「サイト名」に任意の名前を入力します。
  6. 「ドライブ」のプルダウンリストより、空いているドライブを選択します。
  7. [今すぐ接続する] を選択します。
  8. Amazon Cloud Drive へ接続されます。

Amazon Cloud Drive への接続手順 (画像付)

Google ドライブ に対応

Google ドライブ へ接続する場合

  1. WebDrive 内のメニューより [新規] を選択します。
  2. 「接続するサーバーの種類」から [Google Drive] を選択します。
  3. Google のログイン画面に、 メールアドレスとパスワードを入力してログインします。
  4. アプリケーションが許可のリクエストを行ってくるので、 [承認する] を選択します。
  5. 「サイト名」に任意の名前を入力します。
  6. 「ドライブ」のプルダウンリストより、空いているドライブを選択します。
  7. [今すぐ接続する] を選択します。
  8. Google Drive へ接続されます。

※ Google 2段階認証プロセスには対応しておりません。

Google ドライブ への接続手順 (画像付)

OneDrive に対応

OneDrive へ接続する場合

  1. WebDrive のメニューより、[新規] を選択します。
  2. 「接続するサーバーの種類」から [OneDrive] を選択します。
  3. Microsoft のサインイン画面に、Microsoft アカウントとパスワードを入力してサインインします。
  4. アクセス許可の画面が表示されますので、[はい] を選択します。
  5. 「サイトの準備が完了しました」と表示されます。
  6. 「サイト名」に任意の名前を入力します。
  7. 「ドライブ」のプルダウンリストより、空いているドライブを選択します。
  8. [今すぐ接続する] を選択します。
  9. OneDrive へ接続されます。

OneDrive への接続手順 (画像付)

Box に対応

Box へ接続する場合

  1. WebDrive のメニューより、[新規] を選択します。
  2. 「接続するサーバーの種類」から [box.com service] を選択します。
  3. Box のログイン画面に、 メールアドレスとパスワードを入力して [承認] を選択します。
  4. アクセス許可の画面が表示されますので、[Box へのアクセスを許可] を選択します。
  5. 「サイトの準備が完了しました」と表示されます。
  6. 「サイト名」に任意の名前を入力します。
  7. 「ドライブ」のプルダウンリストより、空いているドライブを選択します。
  8. [今すぐ接続する] を選択します。
  9. Box へ接続されます。

Box への接続手順 (画像付)

Dropbox に対応

Dropbox へ接続する場合

  1. ブラウザより、Dropbox にログインします。
  2. WebDrive のメニューより、[新規] を選択します。
  3. 「接続するサーバーの種類」から [Dropbox] を選択します。
  4. ログイン画面で、[Dropbox へログイン] を選択します。
  5. ブラウザ上で、「アクセスリクエスト画面」が表示されますので、[許可] を選択します。
  6. WebDrive と Dropbox との連携完了の画面が表示されます。
  7. WebDrive に戻り、[次へ] を選択します。
  8. 「サイトの準備が完了しました」と表示されます。
  9. 「サイト名」に任意の名前を入力します。
  10. 「ドライブ」のプルダウンリストより、空いているドライブを選択します。
  11. [今すぐ接続する] を選択します。
  12. Dropbox へ接続されます。

Dropbox への接続手順 (画像付)

G-シェア に対応

G-シェアへ接続する場合

  1. WebDrive のメニューより、[新規] を選択します。
  2. 「接続するサーバーの種類」から [Secure WebDAV] を選択します。
  3. アカウント情報入力画面で、「URL/アドレス」にアドレスを入力します。
    https://ご利用サーバー名.mcdav.jp/dav/
  4. 「ユーザー名」と、「パスワード」を入力します。
  5. 「パスワードを保存する」にチェックを入れます。
  6. [次へ] を選択します。
  7. 「サイト名」に任意の名前を入力します。
  8. 「ドライブ」のプルダウンリストより、空いているドライブを選択します。
  9. [今すぐ接続する] を選択します。
  10. G-シェアへ接続されます。