WebDrive リリースノート

WebDrive のリリースノート(更新履歴)です。

Version: WebDrive 2017 リリース日: 2017.9.28
  • 修正(2017/9/28): Unicode から DBCS へ変換する際、サービスのエラーが発生する日本語の問題があったが修正した。ビルド: 4867
  • 修正(2017/9/28):大きなディレクトリのページネーション処理時に、Amazon S3 V4 認証の問題があったが修正した。 ビルド: 4867
  • 修正(2017/9/24):Microsoft Word で、保存操作中にディレクトリ一覧がダウンロードされていた場合、 0 バイトのファイルがサーバーへアップロードされる保存の問題があったが修正した。ビルド: 4865
  • 修正(2017/9/24):Microsoft Word で保存先が DAV ロックされないままの問題があったが修正した。ビルド: 4865
  • 修正(2017/9/19):"copy *.txt" のコピーに失敗するコマンドラインワイルドカードのコピーの問題があったが修正した。ビルド: 4861
  • 修正(2017/9/15):ログ出力のラップの問題があったが修正した。ビルド: 4860
  • 修正(2017/9/13):OneDrive Business で、共有サブフォルダ内でのフォルダ作成を修正した。ビルド: 4858
  • 修正(2017/9/11):Amazon S3 V4 認証を修正した。ビルド: 4857
  • 修正(2017/9/7):日本語等の英語名以外の Google TeamDrive で問題があったが修正した。ビルド: 4855
  • 修正(2017/9/7):とても長いファイル名を返すサーバーで問題があったが修正した。ビルド: 4855
  • 変更(2017/9/7):試用期間を 10日間に変更した。ビルド: 4855
  • 修正(2017/8/31):Box.com で、フォルダ間のファイル移動で問題があったが修正した。ビルド: 4849
  • 修正(2017/8/29):SharePoint Online で Office ドキュメントの自動ロッキングの問題があったが修正した。ビルド: 4849
  • 修正(2017/8/8):10 以上の Google TeamDrive に対応した。ビルド: 4834
  • 新機能(2017/8/7):Dropbox V2 API プロトコルをサポートした。ビルド: 4833
  • 修正(2017/8/7):デフォルトのビューワアプリケーションでイメージファイルをダブルクリックした際、ファイルを表示しない問題があったが修正した。ビルド: 4833
  • 修正(2017/7/24):保護モードを使用して複数のファイルを開いた際、Adobe Reader の問題があったが修正した。ビルド: 4824
  • 修正(2017/7/13):認証エラーを引き起こす、Box アクセストークンの有効期限の問題があったが修正した。ビルド: 4821
  • 修正(2017/7/13):Office 保存中にファイルの rename を介しロックトークンが変更された場合、自動 DAV アンロックの問題があったが修正した。ビルド: 4821
  • 修正(2017/7/13):オフライン中に削除したファイルが、同期中にリモートで削除されない問題があったが、修正した。ビルド: 4821
  • 修正(2017/7/13):GoogleDrive とファイル ID ベースのその他のサーバータイプに対する非同期キャッシュモードを修正した。ビルド: 4821
  • 修正(2017/6/19):FTP ディレクトリ作成で、フォルダを正しく作成しなかったが、修正した。ビルド: 4804

Version: WebDrive 2017.4741 リリース日: 2017.6.16
  • 新機能(2017/6/5):Google TeamDrive に対応した。ビルド: 4728
  • 新機能(2017/6/5):SharePoint Online のサブサイトとドキュメントライブラリに対応し、詳細サイトプロパティダイアログから、特定のサブサイトまたはドキュメントライブラリへのドライブをルートできるようになった。ビルド: 4728
  • 修正(2017/6/5):GoogleDrive オフラインまたは非同期のファイルが間違ったフォルダにアップロードされることがあったが修正した。ビルド: 4728
  • 修正(2017/6/5):オフラインと同期のキャッシュの問題で、サービスの中断を引き起こす問題があったが修正した。ビルド: 4728
  • 修正(2017/5/26):マーキングしたオフラインのフォルダがファイルダウンロードを開始しなかったが修正した。ビルド: 4572
  • 修正(2017/4/4):Google Drive でファイルが間違ったフォルダに時々コピーされる問題があったが修正した。ビルド: 4575
  • 修正(2017/3/27):WebDrive でマップされたドライブからファイルをコピーできない xcopy の問題があったが修正した。サイトプロパティ/基本ファイル設定ダイアログタブにある、"NTFS ファイルセキュリティを有効にする"設定を有効にする必要があります。ビルド: 4567
  • 修正(2017/3/21):非表示になっている .htaccess の様なファイルで FTP 許可の問題があったが修正した。ビルド: 4562
  • 修正(2017/3/21):OneDrive/Google 共有で、フォルダが時々、空フォルダとして表示される問題があったが修正した。ビルド: 4561
  • 修正(2017/3/21):UTF8 エンコードすることにより、Unicode 文字を持つ FTP ユーザー名/パスワードを許可した。ビルド: 4561
  • 修正(2017/3/16):Office アプリケーションのアップロードに対し、ロックトークンが提供されない DAV ロッキングの問題があったが、修正した。ビルド: 4557
  • 修正(2017/3/16):OneDrive コンシューマーで共有フォルダを削除しても、Business と SharePoint オンラインでまだ動作する問題があったが、修正した。ビルド: 4557
  • 修正(2017/3/7):Ver. 2017 と Ver. 2016 のシリアル番号でアクティベーションの問題があったが修正した。ビルド: 4550

Version: WebDrive 2017 リリース日: 2017.3.7
  • 新機能(2017/2/27):Google Drive "共有" フォルダに対応した。ビルド: 4536
  • 新機能(2017/2/27):Google Docs サポートを追加し、ダブルクリックで Google Docs ファイルを開くことができるようになった。ビルド: 4536
  • 新機能(2017/2/27):Office 365/シェアポイントオンラインコネクタのチェックアウト/チェックイン(ロック)に対応した。ビルド: 4536
  • 新機能(2017/2/27):キャッシュパフォーマンスを改良した。ビルド: 4536
  • 修正(2016/12/29):オフライン時の AmazonCloud 再接続の問題があったが修正した。ビルド: 4511
  • 修正(2016/11/18):OneDrive サイト作成の問題があったがサイトの新規作成前にログアウトすることで解決した。ビルド: 4431
  • 修正(2016/11/4):SAML 認証の Sherepoint オンラインで SSL ハンドシェイクの問題があったが、修正した。ビルド: 4423
  • 修正(2016/10/26):Amazon Cloud Drive で、別のディレクトリに名前を変更する際、名前変更の問題があったが修正した。ビルド: 4419
  • 修正(2016/10/21):Proper Case なしでファイルを読み込もうとした場合、大文字小文字の問題があったが修正した。ビルド: 4418
  • 新機能(2016/10/18):容量が非常に大きいフォルダに対する Google Drive のディレクトリリスティングのパフォーマンスを改善した。ビルド: 4414
  • 修正(2016/10/18):無効な文字を含むファイル名の問題を修正した。ビルド: 4414
  • 修正(2016/10/12):隠しファイルの属性が付かず、小さな書込みの結合の設定が正しく動作しなかったが修正した。ビルド: 4413
  • 修正(2016/10/12):書込みアクセスが有効かどうか確認し、ファイルがあるフォルダを削除し、その親フォルダを削除しない問題があったが修正した。ビルド: 4411
  • 新機能(2016/9/14):URL へのパスの追加で OneDrive Business 接続に対しルートフォルダの指定ができるようになった。ビルド: 4395
  • 新機能(2016/9/6):Sharepoint サーバーの隠しファイルのサポートに対応した。ビルド: 4388
  • 新機能:Windows 10 RS2 と Server 2016 に対応した。

Version: WebDrive 2016 リリース日: 2016.1.26
  • 新機能:box.com サービスに対応した。
  • 新機能:Amazon cloud サービスに対応した。
  • 新機能:SFTP 暗号に対応した。
  • 新機能:Amazon S3 V4 認証に対応した。
  • 修正:Amazon V4 認証で、パスに‘-‘記号があるフォルダの場合、403 エラーを引き起こしたが修正した。ビルド: 4278
  • 修正:WebDAV Windows 認証で、403 エラーが返された場合、再認証を開始するようになった。ビルド: 4278
  • 修正:最新バージョンをダウンロードした後、実行を開始するようにアップデートチェック機能を修正した。ビルド: 4278
  • 修正:シリアル番号が期限切れと表示されるアクティベーションの問題を修正した。ビルド: 4282
  • 修正:FTP タイムゾーン調整で、分が逆になる問題を修正した。ビルド: 4282
  • 修正:オフライン後、再度オンラインに戻る際、Digest 認証を使用している場合に 400 Bad Request エラーを生成する WebDAV エラーがあったが、修正した。ビルド: 4288
  • 修正:アクセストークンが期限切れ後、空のフォルダを表示する Amazon クラウドの問題があったが、修正した。ビルド: 4289
  • 修正:SFTP でいくつかのサーバーに接続しない問題があったが修正した。ビルド: 4289
  • 修正:Chrome で PDF ファイルの保存の問題があったが修正した。ビルド: 4289
  • 修正:ファイルがサーバー上で変更され、ローカルでキャッシュされている場合、間違ったファイルサイズを表示する問題があったが修正した。ビルド: 4296
  • 修正:サーバーへの接続が失敗する場合、CPU スパイクの問題があったが修正した。ビルド: 4299
  • 修正:レジストリをインポートする際、とても長い行をインポートする場合に問題があったが修正した。ビルド: 4299
  • 修正:オフライン中に編集したファイルが、オンラインに戻った後にアップロードされない問題があったが修正した。ビルド: 4301
  • 修正:いくつかの Google アカウントで、403 エラーを引き起こす、GoogleDrive の新規サイトプロファイルのセットアップの問題があったが修正した。ビルド: 4310
  • 追加:ダウンロードの破損に関する IE ダウンロード警告を排除する為、実行ファイルに対し、SHA256 コード署名を追加した。ビルド: 4310
  • 修正:オフラインになる前に、キャッシュからディレクトリ一覧が消去された場合、オフライン時にファイルを表示しない場合があったが修正した。ビルド: 4310
  • 修正:SHA-3 SFTP ハンドシェイクの問題があったが、修正した。ビルド: 4313
  • 修正:何千ものファイルの SFTP ディレクトリリスティングが動作しなかったが修正した。ビルド: 4314
  • 追加(2016/4/13):OneDrive 2.0 API ビジネス版と、同期する際のファイルアップロードの更新日時を設定できるコンシューマ版のサポートを追加した。ビルド: 4314
  • 修正(2016/4/14):アンパサンド文字を持つ DropBox ファイル名に対し修正を行った。ビルド: 4317
  • 新機能(2016/5/3):SharePoint オンライン WebDAV 接続に対する SAML 認証を追加した。ビルド: 4324
  • 修正(2016/5/16):MLSD コマンドを使用している際に仮想フォルダに対する FTP ディレクトリリスティングの問題があったが修正した。ビルド: 4326
  • 新機能(2016/5/20):OneDrive 接続に対するクオータサポートを追加した。ビルド: 4327
  • 修正(2016/5/27):いくつかのサーバーに対し SFTP ハンドシェイクの問題があったが修正した。ビルド: 4329
  • 修正(2016/6/8):潜在的な問題を避けるために、ネットワークプロバイダからの Windows shell への呼び出しを削除した。ビルド: 4346
  • 修正(2016/7/8):NT サービスの INTERACTIVE フラグを削除した。ビルド: 4354
  • 修正(2016/7/18):WebDAV 接続で、ユーザー名を設定して、パスワードを設定していない場合、パスワードの入力を促すようになった。ビルド: 4355
  • 修正(2016/7/29):特定の状況下で発生する、潜在的なプロファイルの問題を回避するように修正した。ビルド: 4359
  • 新機能(2016/8/1):コマンドライン /D を使用して切断する場合、切断中に flushandwait を実行するようになった。ビルド: 4360
  • 新機能(2016/8/3):Amazon Cloud Drive で、10GB 以上の容量が大きいファイルをサポートした。ビルド: 4361
  • 修正(2016/8/3):CPU スパイクを引き起こす、新規サイト作成時のテスト接続ボタンの問題を修正した。ビルド: 4362
  • 修正(2016/8/10):ファイルが既にキャッシュにあり、リモートで削除されている場合でも一覧に表示される問題があったが修正した。ビルド: 4363
  • 新機能(2016/8/10):UIDisableList の"menuImportExport"設定を追加し、サイトプロファイルのエクスポートを無効化できるようになった。ビルド: 4363
  • 修正(2016/8/11):Amazon Cloud Drive に対する大きいファイルのダウンロードとアップロードを修正した。ビルド: 4364
  • 修正(2016/8/11):キャッシュの自動消去機能で、適切にファイルを消去しないことがあったが、修正した。ビルド: 4365
  • 修正(2016/8/11):リモートで削除されたキャッシュファイルが、新しいディレクトリリストのダウンロード時にキャッシュ内にまだ表示されることがあったが、修正した。ビルド: 4365
  • 修正(2016/8/17):キャッシュをトラバースする際、ファイルをスキップできる自動キャッシュ消去機能で、ファイルがキャッシュから消去され、何も残らない問題を引き起こしたが修正した。ビルド: 4367
  • 修正(2016/8/23):Windows 10 アップデートで、WebDrive のネットワークプロバイダを無効にしたが、サービスがそれを確認し、修正するようにした。ビルド: 4368

Version: 12.22.4228 リリース日: 2015.10.20
  • 修正(2015/8/24):OneDrive でディレクトリリストに 4GB 以上のファイルが含まれている場合に問題があったが修正した。ビルド: 4212
  • 修正(2015/9/1):OneDrive for Business でファイル名に一重引用符の文字を持つファイルがある場合、アップロードに問題があったが修正した。ビルド: 4213
  • 修正(2015/9/1):OneDrive Business で認証がリダイレクトした場合、認証の問題があったが修正した。ビルド: 4213
  • 修正(2015/9/1):Office ファイルを保存する場合、ハングアップする問題があったが修正した。ビルド: 4213
  • 修正(2015/9/29):SFTP で、同じフォルダ内にある別のファイルに名前の一部が一致している場合、ファイル名が表示されないディレクトリの問題があったが修正した。ビルド: 4214
  • 修正(2015/9/29):インターネット接続が中断され、復旧された場合、DNS の問題があったが修正した。ビルド: 4214
  • 新機能(2015/10/2):Amazon S3 のサーバー側の暗号化を追加した。ビルド: 4224
  • 修正(2015/10/5):SFTP で、エクスプローラのプロパティページでファイル許可設定をする際、エクスプローラが終了する問題があったが修正した。ビルド: 4225

Version: 12.21.4207 リリース日: 2015.7.28
  • 修正:Windows 10 へアップグレードする際、WebDrive が自動的に WebDrive ネットワークプロバイダを検出し、それをインストールするように修正した。
  • 修正:ログイン時に無効または期限切れのユーザー名/パスワードで接続する場合、ユーザーに通知するように修正した。

Version: 12.2.4203 リリース日: 2015.7.18
  • 新機能:OneDrive Business と OneDrive Consumer コネクタ に対応した。
  • 新機能:SSL プロトコルオプションを追加し、TLS 1.0、TLS 1.1、SSL V3 のような様々な暗号化方式の有効化/無効化ができるようになった。
  • 修正:Windows と Mac/モバイル との間のサイトプロファイルの共有におけるインポート/エクスポートの問題を修正した。
  • 修正:同じ接頭文字を持つフォルダ同士が、類似したディレクトリ名を持つもう片方と混同されるディレクトリの問題があったが、修正した。
  • 修正:Windows 8 のフォルダ削除の問題があったが、修正した。
  • 修正:ファイル名をサブフォルダ名に名前変更する場合、名前の変更の問題があったが修正した。
  • 修正:WebDrive がプログラムの追加/削除で表示されないインストールの問題があったが修正した。
  • 修正(2015/3/17):Amazon S3 でフォルダの名前の変更後、それらのフォルダが削除される問題があったが修正した。ビルド: 4151
  • 修正(2015/3/23):いくつかのダイアログボックスでタイトルや漢字が空白で表示される問題があったが修正した。ビルド: 4153
  • 修正(2015/3/23):プログラムアップデートのチェック機能で、最新バージョンをダウンロードする為のデスクトップショートカットアイコンが作成されない問題があったが修正した。ビルド: 4153
  • 修正(2015/4/3):サイトプロファイルをインポートする、 webdrive.exe /wdsp:file /password:pw を使用したコマンドラインで不具合があったが修正した。ビルド: 4156
  • 修正(2015/4/5):複数のファイルを一度に転送する際、処理が停止するデッドロックの問題があったが修正した。ビルド: 4157
  • 修正(2015/4/5):有効期限切れやキャッシュが無効の場合、ファイルやフォルダがキャッシュから削除されないキャッシュの問題があったが修正した。ビルド: 4157
  • 修正(2015/4/6):リソースのリークとデッドロックを引き起こす robocopy のダウンロードの問題があったが修正した。ビルド: 4158
  • 修正(2015/4/21):SSL データ接続を使用時、SOCKS プロキシの問題があったが修正した。ビルド: 4163
  • 修正(2015/4/22):ルートフォルダを使用時、時々指定したルートフォルダを使用しない SFTP の問題があったが修正した。ビルド: 4164
  • 修正(2015/4/22):オンライン/オフラインステータス間の切り替えに影響する HTTP 重複ヘッダの問題があったが修正した。ビルド: 4164
  • 修正(2015/4/22):サイトへの接続失敗時、WebDrive サービスの CPU 高使用率を引き起こす問題があったが修正した。ビルド: 4164
  • 追加(2015/5/1):スクリーンリーダーに対するサポートを追加した。ビルド: 4165
  • 修正(2015/5/1):CPU 高使用率を招くキャッシュの消去の問題があったが修正した。ビルド: 4165
  • 修正(2015/5/1):高解像度の画面のフォントの問題を修正した。ビルド: 4165
  • 修正(2015/5/4):サーバーが内部 IP アドレスを返す場合、代わりに管理 IP アドレスを WebDrive が使用する FTP パッシブの問題があったが修正した。ビルド: 4165
  • 修正(2015/5/11):インターネットが使用できない状態で、自動アップデート中に表示されるエラーメッセージを修正した。ビルド: 4166
  • 修正(2015/5/15):SSL ハンドシェイクが失敗時の、V3 プロトコルへの SSL フォールバック(切り替え)を削除した。ビルド: 4173
  • 修正(2015/5/17):Adobe Acrobat ファイルの読み込みの問題を修正した。ビルド: 4174
  • 修正(2015/5/18):永続的な接続を失ったり、いくつかのシェアポイントサーバーでログインを妨げる HTTP クッキーの問題を修正した。ビルド: 4175
  • 修正(2015/5/25):サイトプロファイルのセットアップ中のテスト接続の問題を修正した。ビルド: 4182
  • 修正(2015/5/26):フォルダ内に 200 ファイルのみ一覧表示される、OneDrive Business の問題があったが修正した。ビルド: 4184
  • 修正(2015/6/5):最初のプロトコルを事前に選択していなかった場合、新規サイトウィザードプロトコルダイアログでスクリーンリーダーの問題があったが修正した。ビルド: 4188
  • 修正(2015/6/5):サイトマネージャにとても長い URL を入力した際、クラッシュを引き起こすセキュリティ脆弱性の問題を修正した。ビルド: 4188
  • 修正(2015/6/5):ユーザーがサイト名の最後にスペースを入力できない問題があったが修正した。ビルド: 4188
  • 変更(2015/6/5): サーバーがクオータクエリをサポートしていない場合、デフォルトのドライブサイズを 4 TB に変更した。ビルド: 4188
  • 修正(2015/6/5):2GB 以上のファイルが一覧に表示されている場合、 OneDrive Business と Dropbox の問題があったが修正した。ビルド: 4188
  • 修正(2015/6/5):ルートフォルダに同じ名前のものが存在する場合、サブフォルダの作成に失敗する OneDrive Business 新規フォルダの問題があったが修正した。ビルド: 4188
  • 修正(2015/6/10):ユーザーインターフェースからタイムアウト設定を与えられていなかった場合、DAV ロックタイムアウトの問題があったが修正した。ビルド: 4191
  • 修正(2015/6/18):スクリーンリーダーをさらに利用できるように、スクリーンリーダーオプションをトレイアイコンメニューに追加した。ビルド: 4193
  • 修正(2015/6/22):異なる日付表記順序を使用する AS/400 FTP サーバーの為に、日付フォーマットオプションを追加した。ビルド: 4194
  • 修正(2015/6/28):2 つ以上のアクティブな接続を使用している場合、SFTP ブロック入出力の問題があったが修正した。ビルド: 4195
  • 修正(2015/6/28):260 文字を超えるキャッシュフォルダの長さに対応できるようになった。ビルド: 4195
  • 修正(2015/7/9):ログインを妨げる OneDrive Business 認証の問題があったが修正した。ビルド: 4196
  • 修正(2015/7/10):前回切断時に切断完了に失敗していた場合、ドライブ一覧が空になる問題があったが修正した。ビルド: 4197
  • 修正(2015/7/13):ドライブをマッピングする前に WebDrive ネットワークプロバイダがインストールされているかどうかをチェックしない場合は再インストールするように、エラーを表示する機能を追加した。ビルド: 4198
  • 修正(2015/7/14):キャッシュが無効の場合、WebDrive サービスの停止を引き起こすファイル削除の問題があったが修正した。ビルド: 4201
  • 修正(2015/7/14):読み取り専用ディレクトリ内で Office と Windows 8 でファイルが編集できる問題を修正した。ビルド: 4201
  • 修正(2015/7/14):アクセストークンが期限切れの場合、Google Drive と OneDrive の認証の問題があったが修正した。ビルド: 4202