WebDrive 製品の特長

WebDAV クライアントソフト WebDrive の製品の特長についてご紹介します。

初心者に優しい簡単操作

WebDrive には、アップロードやダウンロードなどの転送ボタンはありません。
サーバーやクラウドストレージ内の保存領域を、Windows のエクスプローラ上で表示して、ドラッグ&ドロップするだけでファイルを転送できるためです。
Word や Excel などの一般的なソフトウェアを操作できる方なら、フォルダにファイルを移動するような感覚でファイルを転送できるため、WebDAV クライアントソフトを初めて使用される方でも安心してご利用いただけます。

ネットワークドライブへマッピング


優れた操作性を持つ、シンプルな操作画面

WebDrive の操作に、コマンドなどの特別な知識や、複雑な操作は必要ありません。
ユーザーの操作性を重視した、シンプルで分かりやすい操作画面を実現しました。
直感的な操作で使用できるため、マニュアルを熟読する必要はありません。


主要クラウドストレージに対応

WebDrive は、Googleドライブ, OneDrive, OneDrive for Business, Amazon Cloud Drive, S3, Dropbox といったクラウドストレージへの接続にも対応しています。

Google Drive OneDrive Amazon Cloud Drive S3 Dropbox

WebDrive があれば、サービスごとに、ソフトウェアをインストールする必要はありません。
複数のクラウドストレージを、異なるドライブに割り当てることで、複数のクラウドストレージを、WebDrive 1つで使用できます。
ストレージ間のファイル転送も、ドラッグ&ドロップ や コピー&ペーストで実行できます。

対応クラウドストレージサービス一覧

ネットワークドライブへマッピング


Google ドライブ や OneDrive 内のファイルの直接編集が可能

WebDrive は、専用ソフトウェアのように、クラウドストレージ内のファイルの直接編集も可能です。 ストレージ内のファイルは、キャッシュフォルダ内で操作され、編集したファイルを上書き保存すると、キャッシュフォルダ内で保存後、ストレージに反映されます。
ローカルドライブ内にファイルを保持しておく必要がないため、HDD 容量を圧迫しません。


設定情報のバックアップが簡単

設定情報の入出力はもちろん、接続先単位で設定の出力に対応しているため、作成した設定情報を出力しておけば、新しい PC でも、すぐにサーバーに接続できます。


安心できるセキュリティ対策

近年問題となっている、暗号化通信の脆弱性に関する心配は不要です。
WebDrive は、TLS 1.2 を使用した Secure WebDAV (https) をサポートしています。
SSL 3.0 を無効化することもでき、安全に WebDAV サーバーに接続できます。
さらに、SFTP プロトコルでは、SSH2 をサポートし、暗号方式に AES-CTRハッシュ関数(MAC アルゴリズム)に、SHA-2, SHA-3 をサポートしています。