WebDrive 製品の特長

WebDrive の製品の特長についてご紹介しています。

初心者でも簡単操作

WebDrive の導入により、サーバーとのファイルの転送が Windows のエクスプローラ上で操作できるため、目的のファイルをマウスでドラッグ&ドロップするだけでファイル転送が可能
Word や Excel などの一般的なソフトウェアを操作できる方なら、ドキュメントフォルダにファイルを保存するような感覚でご利用いただけるため、初心者の方でも安心してご利用いただけます。


SFTP や WebDAV にも対応し、ファイルの直接編集が可能

FTP だけではなく、SFTPWebDAV プロトコルにも対応。
Windows 標準 WebDAV の代替としても利用でき、ファイルの直接編集も可能。


主要クラウドストレージに対応

GoogleドライブAWS S3OneDriveDropBoxなどに対応。
複数のクラウドストレージを、ネットワークドライブに割り当てて、管理することが可能。
異なるサービスのストレージ領域も、同時にマッピングができるため、ドラッグ&ドロップをするだけでファイルの転送を実行できます。
対応クラウドストレージサービス


設定情報のバックアップが簡単

新入社員の入社時など、使用者の追加や変更のたびに、再設定を行う手間は不要。
事前に作成した設定情報をエクスポートしておき、目的の PC でインポートすれば、すぐにでもサーバーへ接続することが可能。


DOS コマンドが利用可能

ドライブに割り当てた接続先は、DOS コマンドを実行することができます。
例えば、FTP サーバーから WebDAV サーバーの異なるプロトコルのサーバーであっても、COPY コマンドを使ってファイルを簡単にコピーすることができます。


安心できるセキュリティ

WebDrive では、SSH2 を使用した SFTP や TLS を使用した Secure WebDAV (https) をサポートしています。
SSH の暗号方式は AES-CTR を、ハッシュ関数 (MAC アルゴリズム) には、SHA-2SHA-3 をサポートしています。